7つの怖い夜ばなし―ミステリアス・クリスマス

個数:
  • ポイントキャンペーン

7つの怖い夜ばなし―ミステリアス・クリスマス

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 227p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784907542344
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8097

出版社内容情報

華やかなクリスマスの影で繰り広げられる、数奇な恐怖短編集。



クリスマスに怪談を語り合うイギリスの習慣に基づいた、

英国の人気作家7人によるアンソロジー。

クリスマスにまつわる恐怖の物語を7編収録。



【収録作家・作品名】

◆ジリアン・クロス「スナップドラゴン」

◆ディヴィド・ベルビン「切ってやろうか?」

◆スーサン・プライス「果たされた約束」

◆ロバート・スウィンデルズ「暗い雲におおわれて」

◆ギャリー・キルワース「狩人の館」

◆ジョーン・エイキン「ベッキーの人形」

◆アデル・ジェラス「思い出は炎のなかに」

スーザン・プライス[スーザン プライス]

ジリアン・クロス[ジリアン クロス]

ジョーン・エイキン[ジョーン エイキン]

安藤 紀子[アンドウ ノリコ]

内容説明

ヒッチハイクしたトラックのなかで、運転手の残忍な殺人計画を知ってしまった家出少年のビリー。恐怖のドライブの行方は…。/ほんの悪ふざけのつもりで唱えた魔の呪文。兄弟にふりかかった最悪の結末とは…。/見るたびに変化しつづける怪しい水彩画や、呪われた人形など全7話を収録。「クリスマスにゴーストストーリーを語る」という、イギリスの古い習慣にもとづき人気作家が綴った恐怖と幻想の短編集。

著者等紹介

クロス,ジリアン[クロス,ジリアン] [Cross,Gillian]
1945年ロンドンで生まれる。79年に二作品を発表して創作活動を本格的に開始し、現在までに小学校低学年からヤングアダルトまで幅広い読者を対象に、リアルな現代小説や歴史小説、ファンタジー、幽霊物語、古典の再話など多彩な作品を七〇冊以上出している。90年作でイギリスの児童文学賞で最も権威のあるカーネギー賞を受賞した『オオカミのようにやさしく』(岩波書店)、92年作でウィットブレッド賞(現コスタ賞)などいくつもの賞を受けた『象と二人の大脱走』(評論社)など計八冊と、短編数作の邦訳がある

エイキン,ジョーン[エイキン,ジョーン] [Aiken,Joan]
1924年イングランド南東部ライで生まれる。五〇年代末から本格的な創作活動に入り、生涯に約一〇〇冊の本を出した。児童文学作品が圧倒的に多いが、大人向きのミステリー、詩、戯曲もかなり手がけている。68年作『ささやき山の秘密』(冨山房)でガーディアン児童文学賞を、71年作『暗闇にうかぶ顔』(あかね書房)ではエドガー賞(児童小説部門)を受賞。2004年没

プライス,スーザン[プライス,スーザン] [Price,Susan]
1955年バーミンガム近郊で生まれる。十六歳で最初の作品を発表し、二作目で75年作の歴史小説Twopence a Tubで新児童文学賞を受賞。80年代に入ってからは毎年のように小学校低学年からヤングアダルトまで幅広い読者を対象に、様々な分野、主としてファンタジーやSF、ホラーなどの長編や短編を書き、現在までに五五冊以上の作品を発表している。北欧神話や各国の昔話に関心が高く、ロシアの昔話を素材にした87年作『ゴースト・ドラム 北の魔法の物語』(ベネッセ)でカーネギー賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mocha

95
『そこはかさん』という本に、クリスマスに皆で怪談を語るシーンがあったのを思い出した。別のアンソロジーからチョイスされた7つの話。そのほとんどが、特別な日を家族と過ごせない子どもの寂しさを描いたもの。孤独な魂が人ならぬものを引き寄せる。霊にとっても奇跡を期待する日なのだろう。子ども向けながらけっこう情け容赦ない展開もあって面白かった。2017/12/10

花林糖

22
(図書館本)英国の人気作家7人によるアンソロジー。クリスマスに纏わる7つの怖い物語。「クリスマスを我が家で」「ベッキーの人形」が特に良かった。2016/11/28

くさてる

21
クリスマスアンソロジー。知らない作家ばかりだなと思ったら、児童文学の作家が多いので納得。そう、これは子供向けアンソロジーなのです。だけど、それにしては、暗く救いの無い話が多い。「暗い雲におおわれて」とかトラウマになるこどもがいるんじゃないかな……。個人的一押しは、ラストの一言が素晴らしく決まった「狩人の館」でした。2019/07/27

空猫

20
【12月関連本】YA向けに「X'masにゴースト・ストーリーを語り合う習慣」から作られた本だそう。親や家族と楽しくX'masを過ごせない子が登場する話ばかり。見事なミスリード『クリスマスを我が家で』。楽しむだけの狩りって…しかもX'masに…『狩人の館』。やはり人形って怖い『ベッキーの人形』が印象に残った。後味悪い話の中、ラストの『思い出は炎のなかに』だけは明るい兆しが見えホっとした。ホラーに加えて子供が辛い思いをする話はさらに凹むな。結構残酷な話ばかりだった。さすが(!?)イギリス。2018/12/10

さっちゃん

18
バランスよくまとまった短編集。どれも面白く、いい意味で裏切られた結末だった。めでたしめでたしとは違うクリスマスを味わいたい人におすすめ。来年もまたクリスマスに読みたい。2016/12/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11184733
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。