ヨベル新書<br> 聖書は何と語っているでしょう - 「生きること」「死ぬこと」そうして「永遠に生きるこ

個数:

ヨベル新書
聖書は何と語っているでしょう - 「生きること」「死ぬこと」そうして「永遠に生きるこ

  • 湊晶子
  • 価格 ¥1,080(本体¥1,000)
  • ヨベル(2017/07発売)
  • ポイント 10pt
  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 189p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784907486488
  • NDC分類 193.04
  • Cコード C0216

出版社内容情報

聖書全体から「生と死」について語り、死の悲しみを克服するための根源的問題を問う。

「永遠の生」とは・・・


あなたの天を、あなたの指の業を わたしは仰ぎます。 月も、星もあなたが配置なさったもの。 そのあなたが御心を留めてくださるとは   
人間とは何ものなのでしょう。(詩編8・4?5)



詩編にあった「人間とは何ものなのでしょう。神の被造物です」ということを言葉を変えて言うと、自分一人で生きているというのではなく「神の中に生きている」ということになります。人はものを作ることはできてもそれに生命を吹き込むことはできません。神の被造物としての存在をパウロは「神の中に生き、動き、存在する」という表現を引用して述べています。これこそ聖書の強調点として初めから終わりまで一貫して流れている思想なのです。(本文より)



湊 晶子(みなと・まさこ)略歴

1932年生まれ。

東京女子大学文学部社会科学科卒業。フルブライト奨学生としてホイートン大学大学院(神学修士)。NHK教育テレビ英語会話中級講師、ハーバード大学客員研究員、東京基督教大学及び東京女子大学教授を歴任後、東京女子大学学長(2002~2010年)。

東京基督教大学名誉教授。現在広島女学院院長・学長、ワールド・ビジョン・ジャパン及び国際開発救援財団理事。

2005年「第2回新渡戸・南原賞」授賞、2008年ホイートン大学より「名誉卒業生功労賞・名誉博士号」授与、2010年「瑞宝中綬章」受章、2016年「ペスタロッチー教育賞」受章。

主な著書:『キリスト者と国家』(聖書図書刊行会)、『女性のほんとうのひとり立ち』(いのちのことば社)、『新渡戸稲造と妻メリー―教育者・平和主義者として』(キリスト新聞社)『女性を生きる』(角川書店)、『国際社会で活躍した日本人』共著(弘文堂)、『公共の哲学―宗教から考える公共性』共著(東京大学出版会)など。