作ること=生きること―クラフトワーカーのもの語り

個数:

作ること=生きること―クラフトワーカーのもの語り

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月25日 18時48分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 173p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784907239060
  • NDC分類 750.28
  • Cコード C0036

内容説明

「歯車」になれない、「効率化」されたくない、だから、自分でつくって自分で手渡しそうやって、なりわうんだ。じぐざぐで、でこぼこな14人の「もの語り」。

目次

工房寺田・寺田昭洋さん―最初は売れないだろうなとは思ってましたけど、それでも『ああ、こんなに売れないんだ』と改めてショックを受けたくらいです(笑)
lim lim**・藤原珠理さん―ものづくりって面白いなと思うのは、作ったものに、自分でも気づいてなかった『自分』が出ちゃうこと
聚落社・矢野マサヒコさん―狭い工場の中だけで腕を競っているよりも、その『先』を掴みに行きたくなったんです
かとうなみこさん―いわば『健全なB級品』ですかね。興味のない人にも、漆だと意識せずにまずは手にとってもらいたいな
小さな本工房・鴫原利夫さん―もしかしたら作品そのものについてよりも、道具について考えていることのほうが多いかもしれません
QuiMeisen・岩原由佳さん、古後利佳さん―誰かが楽しんで作ったものを、それをまた形を変えて誰かが楽しんで着て、さらにそれを誰かが見て『素敵だなあ』って楽しむ…
緑庵・幸加木菊恵さん―『元気に育ってます』という『その後』の様子をお客さんから聞けるのが、他の作品にはない作り手としての楽しみ
Haze・寺澤勇樹さん、戸田佳佑さん、山口栄美さん―せわしない毎日の中で、例えば10分間だけでも、ただ蝋燭の火を見つめるような時間があってもいいんじゃないかと
ふたば工房・井筒佳幸さん―できる限り長く、死ぬ直前まで何かを―好きなものを作り続けていられれば幸せですね
toki warp weft・志村祐子さん―ある工場から『最小ロットは500枚だ』って言われたときには、とんでもないと思って、『アイアムベリープアー』とかってメールを書きましたよ(笑)
金星灯百貨店・橋本武蔵さん―ものを作ること、直すことって、私にとっては完全に生活の一部なので、どこで何をやっていてもあんまり変わらない

著者等紹介

仲藤里美[ナカフジサトミ]
1973年、大阪府生まれ。神戸大学法学部卒業後、NGOスタッフ、編集プロダクション勤務などを経てフリーのライターに。雑誌、ウェブでインタビュー記事を主に執筆するほか、ウェブマガジンの編集などにも携わる。『作ること=生きること―クラフトワーカーのもの語り』が初めての単著(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件