人にも時代にも振りまわされない 働く女(ひと)の仕事のルール―貧困と孤独の不安が消える働き方

個数:
電子版価格 ¥1,300
  • 電書あり

人にも時代にも振りまわされない 働く女(ひと)の仕事のルール―貧困と孤独の不安が消える働き方

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月04日 17時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784907072438
  • NDC分類 159.6
  • Cコード C0095

目次

はじめに 働き方を変えたら、明日からの人生が変わる―あなたは、このままの働き方をいつまで続けていくつもりですか?
第1章 人生の目的―働く意味を考える
第2章 働き方をシフトする―逆転するための戦略を立てる
第3章 スペシャリストの道―自分軸をもつことが出発地点
第4章 貧困にならない生き方―もっと稼げる自分になるには
第5章 お金の使い方―女が豊かに暮らしていくということ
第6章 社会とつながる―ひとりぼっちの恐怖に負けるな

著者等紹介

有川真由美[アリカワマユミ]
作家・写真家。鹿児島県姶良市出身、台湾国立高雄第一科技大学応用日本語学科修士課程修了。化粧品会社事務、塾講師、科学館コンパニオン、衣料品店店長、着物着付け講師、ブライダルコーディネーター、フリーカメラマン、新聞社広告局編集者など、多くの職業経験を生かして、働く女性のアドバイザー的な存在として書籍や雑誌などに執筆。約40カ国を旅し、旅エッセイを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

もも

12
the女性のための自己啓発本。10年プランで稼ぐという力を身につける、セルフイメージを高める、等、耳が痛いことばかり書かれていて、緩みきった最近の私への喝が入った。著者は一生仕事に困らないんだろう、私もそうなりたい。2015/10/21

きたむらさんえ

7
女性に特化した働き方についての本です。と言っても、男女関係なくこれからの働き方を説いています。ゼネラリストよりスペシャリスト/10年後にも需要があるか?/未婚だから貧困なのではない、貧困だから未婚なのだ/繋がることで無縁孤独とオサラバ2016/01/14

あきいち

5
読んで良かった。■「一生懸命、働いても貧困」「年をとるほど仕事がなくなっていく」という状態に陥らないためには、“量”の仕事から、あなただからできる“質”の高い仕事にシフトしていくことです。■大切なのは、自分の輝ける場所(=人から必要とされる場所)を求めて、歩いていくこと。幸せな働き方へと柔軟にシフトしながら歩き続けること。■大事な“目的”をもてば、やっていることは、どんなことであろうと、すべて“手段”になっていきます。■自立するということは、「助けて」と言えることだと思うのです。2015/11/21

とかげ

2
どこか成功譚というか、作者の自信がある感じが、なじみにくいなあと思いながら読みました。やりたいことが見つけられたなら、そういう生き方もありだなと思いました。2019/05/02

にきゅ

1
20代と30代を無為に過ごしてしまったので、多大なるツケを払わなきゃいけないのです。60で10万稼ぐ、というのはいいな、と思うけど、今もそれくらいの収入だ。いまの仕事、大好きで幸せだけど、いつまでも仕事があるだろうか。私じゃなきゃダメ、なんて仕事したいけど、非正規で1,000円もいかない時給。ある程度のビジョンが必要なのだが、自身が幼稚だからなぁ。大人になっている筈だったのにね。できることからコツコツと。2018/08/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9889136
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。