説話社占い選書<br> 大地からの16の神託 ジオマンシー占い

個数:

説話社占い選書
大地からの16の神託 ジオマンシー占い

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年05月20日 14時32分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 440p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784906828432
  • NDC分類 148
  • Cコード C2011

出版社内容情報

『秘密のジオマンシー占い』(学研、2013年)を大幅に加筆修正した、
その手軽さと的中率の高さで、注目度の高い実践書。「ジオマンシー」とは「土占い」のことです。その誕生は古く、9世紀頃のアラビア半島とされています。
 「土」という言葉が示すように、そもそもの占い方が大地を棒で突き、または大地に線を引くか石を撒くなどして線(=シンボル)を描き、その結果をもって運勢や吉凶を判断するというものです。

 ジオマンシー占いは、その手軽さと的中率の高さから中世やルネッサンス期にヨーロッパで大流行を遂げました。庶民も貴族もみな楽しんだといわれています。あのナポレオンも愛好していたようです。
 本書ではそのような歴史と人々に愛されてきたジオマンシーを徹底的にわかるやすく解説したものです。
 なお、底本は『秘密のジオマンシー占い』(学研、2013年)ですが、本書では大幅に加筆修正をしております。
 第1章では「ジオマンシーとは何か」として、歴史や概略、何故「当たるのか?」を紹介しております。続く第2章では実際の占い方の解説です。紙に無意識に点を4列打ち、そこからドットを作り、16種類のシンボルを導き出す基本的は手順と、さざれ石やコイン、ダイスなどさまざまな手法を紹介しています。
 第3章では基本となる16のシンボルを象意から全体運、恋愛運、金運、仕事運などの各項目別に解説。さらに、対になるシンボルも組み合わせとして紹介しておりますので、初めての人もイメージがつきやすくなるでしょう。
 本書後半は応用編です。第4章は「シールドチャート」を紹介します。シールドチャートとは、一つのシンボルだけではなく15のシンボルを作り、それらを総合的に判断する占術です。本章ではシールドチャートで出された128パターンについても網羅しておりますので安心して占えます。
 続く第5章ではジオマンシーのシンボルを護符として活用する方法を紹介。大地からメッセージを得るジオマンシーのシンボルにはそれ自体に霊的な力が宿るとされています。願い別によってどの護符を使えばいいかがわかります。
 最後はケーススタディとQ&Aです。多くの人が初めて触れるジオマンシーですが、その悩みを丁寧に解きほぐしていきます。また、本書巻末にはオリジナルの記入用紙も掲載しておりますので、本書とペンがあればすぐに始められます。紙とペンを手に、ぜひ、あなたも無意識からのメッセージ、大地からの神託を受けてください。

はじめに
改訂版発刊に当たって
本書の使い方
第1章 ジオマンシーとは何か

1 ジオマンシーの故郷はアラブ世界

2 ナポレオンの栄光の陰にジオマンシーあり?!

3 ジオマンシーは実際的な答えを導き出す

4 自分を「空」にして無意識の世界にアクセスする

5 無意識の世界に眠る情報をダイレクトに汲み上げる

6 世界との合一感の中で生きる指針を見い出す

第2章 シンボルの出し方

1 紙とペンで16種類のシンボルを導く

2 用意するもの

3 占いの手順


4 ジオマンシーシンボルについて

5 シンボルを導くためのさまざまな方法


第3章 基本となる16のシンボルを解読する

1 シンボルの解読方法

2 シンボル解説
人々

つながり
拘束
大吉
小吉
獲得
喪失
喜び
悲しみ
少女
少年


竜の頭
竜の尾

3 シンボルを対で覚える


第4章 シールドチャートで運勢を読む

1 シールドチャートとは何か

2 シールドチャートの作り方
用意するもの
3「4人の母」と「4人の娘」から「4人の姪」を求める
ステップ
4「4人の姪」から、「2人の証人」を求める
ステップ
5「左右の証人」から「裁判官」を求める
ステップ
6「左右の証人」と「裁判官」の組み合わせから最終結果を探す


第5章 ジオマンシーシンボルの護符

1 16のシンボルを護符として使用する方法

2 シンボル護符解説

第6章 ケーススタディと
新しいジオマンシー占い

1 実占例
2 新しいジオマンシー占い
シンプル・トリプシティ

第7章 ジオマンシー占いのQ&A

参考文献

おわりに

著者紹介
コラム1 どの方法が一番当たる?
コラム2 5列、32種のジオマンシーについて
コラム3 現実にならなかった6万通りの可能性
コラム4 偶然性と占い
コラム5 誰でもできる占い

高橋桐矢[タカハシキリヤ]
著・文・その他

内容説明

「地上の星座」、ジオマンシーの16のシンボルが真理を告げる!

目次

第1章 ジオマンシーとは何か
第2章 シンボルの出し方
第3章 基本となる16のシンボルを解読する
第4章 シールドチャートで運勢を読む
第5章 ジオマンシーシンボルの護符
第6章 ケーススタディと新しいジオマンシー
第7章 ジオマンシーのQ&A

著者等紹介

高橋桐矢[タカハシキリヤ]
占い師兼作家。1967年、福島県生まれ。独学でタロット占いと西洋占星術を習得する。ヘイズ中村に師事し、ウエブや雑誌『ムー』(学研プラス)などで占い原稿や心理テストを執筆。2000年、第1回小松左京賞に努力賞入選し、小説家としての活動を始める。ジオマンシーとルノルマンカード占い普及のため、各地で講習を行う。日本児童文学者協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。