存在論的政治―反乱・主体化・階級闘争

個数:

存在論的政治―反乱・主体化・階級闘争

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 567p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784906738069
  • NDC分類 311.1
  • Cコード C0031

内容説明

ネグリ、ランシエール、フーコーなど現代思想の最前線で、そして9.11、リーマンショック、世界各地の反乱、3.11などが生起するただなかで、生の最深部、“下部構造”からつむがれる政治哲学。『闘争の思考』以後20年にわたる闘争の軌跡。

目次

第1章 ネグリのほうへ―「真の政治は形而上学である」
第2章 様々なマルチチュード―「一」は割れずに緊張を生む
第3章 ヨーロッパという賭金―「主権」の上空と底で政治は闘われる
第4章 ランシエールの傍で―語る「私」をめぐって「階級闘争」がはじまる
第5章 フーコーとともに―反牧人革命は来るのか
第6章 日本のなかで―「1968」と「2011」を跨ぎ、「社会的なもの」に抗する
エピローグ 「国家の破滅は言葉遊びにすぎない」―マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督『フォンターナ広場:イタリアの陰謀』

著者等紹介

市田良彦[イチダヨシヒコ]
1957年生まれ。神戸大学大学院国際文化学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件