ブラック・カルチャー観察日記―黒人と家族になってわかったこと

個数:

ブラック・カルチャー観察日記―黒人と家族になってわかったこと

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年07月22日 23時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784906700035
  • NDC分類 316.853
  • Cコード C0095

内容説明

黒人男性を見かけると「ブラザー!」なんて呼びかけていませんか?黒人は皆、アフロ・ヘアを誇りに思っている、と思い込んでいませんか?ステレオタイプはもう捨てよう!シカゴで黒人の夫と暮らし、一般ブラック・ピープルたちの考えや行動、生活習慣を肌で知る著者が、おどろき、あきれ、ときには笑って、ときには怒り、ユーモアとシニカルな視点でつづったアメリカ黒人の本当の姿。食べもの、住まい、男と女、家族、教育、音楽、映画、スポーツ、政治、犯罪、などなど、さまざまなテーマを通し、いっしょに暮らしてみないとわからない、等身大で進行形のアメリカン・ブラック・カルチャーを紹介。

目次

1 日々のくらしから(B・P・タイム;頭は悪いのがクール ほか)
2 肌の色とともに(異人種間結婚の大きな壁;アンクル・トムたち ほか)
3 音楽とスポーツ(オンチだっているさ;「sanger」は最高の賛辞 ほか)
4 男のひみつ(お花畑の天然記念物;男同士の秘密のあいさつ ほか)
5 女のきもち(グッド・ヘアー信仰;わたしたちの男を盗らないで! ほか)

著者等紹介

高山マミ[タカヤママミ]
フリーの写真家、ライター。東京・日本橋出身。明治学院大学英文科卒業。写真は植物、建築、人物、風景、ストリートからブツ撮りまでジャンルレス。アメリカベースだが、日本の書籍や雑誌、ショップなどでも活躍中。現在、シカゴアンの夫とともにシカゴ在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。