死活ライン―「美しい国」の現実(リアル)

個数:

死活ライン―「美しい国」の現実(リアル)

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年10月20日 11時35分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 179p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784906605262
  • NDC分類 366.021
  • Cコード C0036

内容説明

自分の国に殺される。「構造改革」が生んだ格差と貧困によって、「生存権」を奪われた人々を追ったルポルタージュ。

目次

第1章 「ワーキング・プア」の現実(前近代的労働の復活―搾取される流浪の労働者たち;露呈する「小さな政府」のツケ―公共サービスを侵蝕する賃金破壊;規制緩和がもたらす貧困―生存権も奪われたタクシー労働者;劣悪なヘルパー労働―介護の質的低下で高齢化社会に暗雲;黄金の国ジパングの暗部―外国人労働者に強いる奴隷労働;弱い者いじめの重税国家―市場淘汰される中小業者)
第2章 小さな政府大きな格差(自治体リストラの正体―「痛み」を強いる道庁改革;「郵便局はなくならない」のウソ―過疎地の切り捨てがはじまる;希望なき郵政民営化―郵便局員の悲鳴が聞こえる;現代版「楢山節考」―生活保護・老齢加算廃止の非情;生存権も教育権も奪われて―母子の棄民化がはじまる;これでは病院に行けない―国民健康保険証を返せ;弱者切り捨ての障害者自立支援法―福祉はカネで買えない!)
生存権を保障する社会に向けて

著者等紹介

平舘英明[ヒラタテヒデアキ]
1964年福島県生まれ。会社員を経て、2001年からフリーのジャーナリスト。主に労働、教育、福祉、社会保障をテーマに執筆活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。