地域と図書館―図書館の未来のために

個数:
  • ポイントキャンペーン

地域と図書館―図書館の未来のために

  • 渡部 幹雄【著】
  • 価格 ¥2,750(本体¥2,500)
  • 慧文社(2006/01発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 50pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年04月08日 05時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 235p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784905849377
  • NDC分類 010.4
  • Cコード C0037

内容説明

これまでにいくつもの新図書館設立に指導的立場で携わり、現在も公立図書館の館長を勤める著者が、その豊富な経験を基に、良い図書館の諸条件、現在の図書館の問題点などを論じ、地域文化に根ざし、地域の市民に貢献する図書館づくりを提唱。図書館員、出版・書店関係者のみならず、一般利用者にも必読の書。

目次

地域と図書館
地域の図書館の現状
地域の生涯学習の拠点としての図書館
地域づくりと図書館
地域に根ざした図書館経営戦略
地域の図書館づくり私史
地域志向の図書館の支援
地域に図書館が意識されるための図書館員のあり方
地域の図書館と社会教育施設相互のあり方
地域で図書館の専門性をどう守るか
地域と図書館との接点を求めて
これからの図書館に望まれるもの
地域指向型図書館になるための十か条
終わりに

著者等紹介

渡部幹雄[ワタナベミキオ]
1953年11月大分県豊後大野市緒方町生まれ。大分県緒方町立図書館、長崎県森山町立図書館を経て初代滋賀県愛知川町立図書館長。東京学芸大学大学院修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。