愛国奴

個数:
電子版価格 ¥1,870
  • 電書あり

愛国奴

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月06日 23時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 399p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784905447979
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

知的下流社会に響く、ネトウヨ狂騒曲、あなたの知らない「保守」の世界。

著者等紹介

古谷経衡[フルヤツネヒラ]
1982(昭和57)年札幌市生まれ。文筆家。立命館大学文学部史学科(日本史)卒業。一般社団法人日本ペンクラブ正会員。NPO法人江東映像文化振興事業団理事長。インターネットとネット保守、若者論、社会、政治、サブカルチャーなど幅広いテーマで執筆評論活動を行う一方、地上波、ネット番組、ラジオ番組などでコメンテーターも担当。インターネット、ネット保守、若者論などを中心に言論活動を展開。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

テツ

26
著者の初めての小説。当初はノンフィクションとして書いていたらしいけれど「生々しすぎる」という指摘を受けて小説に変更したとラジオで聞きました。対外的には理想的な思想信条や崇高な理念を掲げていたとしても内部はドロドロ。権力闘争。地位と力。それに伴う金と女。凝り固まり余裕のなくなった思考とともに群れは群れ特有の腐敗を見せる。個人的には右も左もあまりに偏った姿勢ってあまり好きじゃないのだけれど、作中に書かれたそうした偏りの醜さについても共感出来ました。また小説書いて欲しいな。2018/06/14

電羊齋

6
ドロドロとした嫉妬と利権の虜となり、互いに争う「愛国者」たち。それぞれが強烈に「キャラ立ち」している。作中の色々と生臭い話は著者自身が経験したり、見聞したことなのだろうか。2018/07/01

なお

5
思いがけず性的な映像を見せられた時と共通する不快さがあり女性蔑視に近い表現や学歴容姿に対する差別的な表現が随所にある事を覚悟したほうが良い。保守右派界隈の人間が全てそうかは兎も角、人間の醜さや愚かさがこれでもかと表現されている。主人公の照一はおそらくクラスに一人はいる群れない男子だ。知性もありルックスも良いが人を寄せ付けない。彼は女性にモテるが自分の欲と他者からの羨望を得る為の道具としてしか女性と向き合えない。極論を信じ差別的な中年右翼を嫌う彼もまた同類なのだ。猫を愛する様に彼が人を愛せる日が来る事を願う2018/08/11

BAMBI

4
事実か妄想かわからないような夢の中にいるかのような小説 これが本当だったら籠池、加計学園その他事実なのか混乱する 日本を救ってくれるのは結局だれ? 安倍さん信じていいのかな 私たちはこれからどう生き、国にとってどうすれば有益になるの 18歳JK(多分ほかよりまともに国を憂いている)2018/06/03

リゲル

3
1970年代の筒井康隆みかある。2018/08/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12848197

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。