東京湾諸島

個数:

東京湾諸島

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月06日 22時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 255p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784905447726
  • NDC分類 291.3
  • Cコード C0025

内容説明

物流島、発電基地、海上要塞、ごみ埋立地…膨張する首都を支える島々の“知られざる内部”へ。全75島MAP収録。

目次

第1章 アイランド・アーキテクト
第2章 人工島のつくりかた
第3章 人工島の地霊と伝説
第4章 開拓者と京浜マニュファクチュア
第5章 埠頭という名の巨大人工島
第6章 不夜城工業地帯と物流の島々
第7章 東京湾ミッドタウン
第8章 欲望のアミューズメント
第9章 東京湾環境循環装置
第10章 平地に呑みこまれる島

著者等紹介

加藤庸二[カトウヨウジ]
写真家、エッセイスト。人の住む日本の島々を45年にわたり歩き、写真と文章で著す“島スペシャリスト”。愛知県生まれで東京育ち(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おかむら

29
東京湾に浮かぶ人工島(埋立地)のルポ。70以上もあんだって! 電車の路線図見てるだけだと気がつかないけど、そーかー、そういや島だわ! 昭和人には懐かしいゴミの島「夢の島」、今話題の「豊洲」、お台場、平和島、滅多に行けない川崎の工場だらけの島「扇島」、ジュリアナの「芝浦ふ頭」、船橋ヘルスセンター、下水処理場(今は水再生センターというらしい)の「昭和島」等々、地図好きも歴史好きも工場好きも楽しめるトリビアがいっぱい。Googleマップ見ながら読むと更に楽しい。2017/03/27

幹事検定1級

27
東京湾にある島、島と言っても天然の島ではなく人工的に埋められた島にフォーカスをあてた歴史も学べる一冊。興味深く読ませて頂いた。東京湾周辺は多くの埋め立てによって江戸時代から作られ初め今日に至ることがよくわかりました。そして今日の埋め立ての構造なども知ることができました。職場の周り自宅のすぐ近くも埋め立てが数多くあり、そう言った目線で散歩してみるのも面白そうですね。(図書館本)2017/01/10

どぶねずみ

24
日本は6,800もの島から成り立ち、430ほどの島が有人島だ。東京湾という狭いエリアだけでも、70を越える島があり、そのほとんどが人工島だ。本書は、なぜ人工島が作られたのかだけでなく、江戸時代にまで遡って、なぜ徳川家康は江戸という左遷先を受け入れたのか、どんな未来を想像してどう利用して今に至るのか解説。戦時中に利用するはずだった海堡の存在や、浦安から富津までの巨大干拓計画があった話など、東京湾沿いに住んでいて知らないことばかり、面白かった。2017/03/19

山猫

8
東京本土(といっていいのかどうかわからんが)から天然の海岸線が消えてから、はて何年経つやら。東京に生まれ育った者として知っておかねばとは思いつつ、後回しにしてきた島々の数々。よその方にはどう受け止められるのだろうか?2018/07/22

yyrn

5
各地の埋もれた歴史を知るのが好きだ。何百年前には大きな戦があって多くの血が流れた場所だったということも知らずに暮らしていたりする。いまの世の中が必要としないから埋もれてしまうのだろうが、それでも昔のことを知ると、そこから今日までの歴史の重みや今を生きている不思議を強く感じる。この本には東京湾内の75の人工島にまつわる話が紹介されているが、作者の博識に助けられて遠浅の江戸前の海や、富国を図った慌ただしい明治期や、戦後の高度経済成長期の東京などに思いをはせることができた。私にはとても面白い本だった。2017/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11172394

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。