飢餓陣営叢書<br> 石原吉郎―寂滅の人

個数:

飢餓陣営叢書
石原吉郎―寂滅の人

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年01月19日 22時29分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 249p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784905369622
  • NDC分類 911.52
  • Cコード C0395

内容説明

ラーゲリ(ソ連強制収容所)で八年間、過酷な労働を強いられ、人間として、体験すべきことではないことを体験し、帰国後の生を、いまだ解放されざる囚人のように生きつづけた詩人・石原吉郎の苛烈な生と死。「忘れられた」詩人を再発見し、生きることの意味、倫理のあり方を正面から問い直した、著者「幻の処女作」ついに刊行!

目次

第1章 喪失―あるいは私
第2章 望郷―あるいは海
第3章 非在―あるいは時
第4章 関係―あるいは点
第5章 幼年―あるいは母
第6章 新生―あるいは信
第7章 単独―あるいは夢
第8章 寂滅―あるいは歌

著者紹介

勢古浩爾[セココウジ]
評論家。1947年大分県生まれ。明治大学政治経済学部卒。1988年、第7回毎日21世紀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)