ときめきの観光学―観光地の復権と地域活性化のために

個数:
電子版価格
¥2,530
  • 電書あり

ときめきの観光学―観光地の復権と地域活性化のために

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月16日 23時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 247p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784905369561
  • NDC分類 689.4
  • Cコード C0036

内容説明

付加価値ある旅行とは何か?どのようにすれば「観光」と「観光地」は再生できるのか?著者が実際に日本各地を旅行し、歩き、感じた体験の積み重ねを整理、分析したものに豊富な資料と統計を加え、「観光」の本質に迫る。

目次

第1章 観光地と観光旅行
第2章 観光地の変遷と盛衰
第3章 観光による地域の活性化、振興と再生
第4章 キャンペーンとプロモーション・広報活動
第5章 観光による経済効果
第6章 観光政策の展開
第7章 観光地と観光産業の課題と展望

著者等紹介

澤渡貞男[サワドサダオ]
駒澤大学文学部講師。関西大学政策創造学部講師。昭和21年東京生まれ。昭和45年旅行開発株式会社(現在のジャルパック)入社。マーケティング、商品企画、営業開発、計数管理、広報などを担当。大阪支店・空港をへてサンフランシスコ支店次長、お客様相談室長を歴任。この間、日本旅行業協会法務・弁済部副部長、旅行業公正取引協議会専門委員を兼務。2005年の旅行業法・標準旅行業約款の改正には業界側委員として携わり、日本旅行業協会広告部会長として『旅行広告・取引条件説明書面ガイドライン』を編集した。日本国際観光学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

koji

4
所謂「観光」本は数々あれど、これほど観光を多面的に分析した本は見当たりません。伊勢、長浜、ハウステンボス、TDL、由布院、加賀屋、稲取、黒川温泉等具体例も豊富で興味をそそられますが、それ以上に観光政策の「憲法」とも言える「観光立国推進基本法」の前文に謳われている理念に「日本らしさを追求する志と誇り」を感じました。また観光を観光地と観光施設そして人的要素のバランスと捉える著者の感覚にも共感しました。結局日本の観光は、する側は「ときめき」ですが、受ける側は「もてなし」で、両者のバランスが支えているのでしょう。2013/07/02

茶釜

2
「観光とは、訪れる人に"ときめき"の感情を起こさせるものでなくてはならない。」「今の自分との関係およびそこを旅行することの意味が重要。つまりは観光地には鮮度が必要なのである。」う〜ん、言える。寄せ集め、総花的な観光キャンペーンは反省すべし。2014/03/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6496948
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。