日本人の哲学〈1〉哲学者列伝

個数:
電子版価格
¥4,180
  • 電書あり

日本人の哲学〈1〉哲学者列伝

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月21日 20時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 522,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784905369493
  • NDC分類 121
  • Cコード C0310

内容説明

日本の歴史を彩る偉大な哲学者を現代から古代へ時代を逆順に進みながら独自の視点で位置づける存在論、認識論、人生論の三位一体。

目次

第1章 戦後の哲学者たち
第2章 戦前の哲学者たち―敗戦から明治維新まで
第3章 江戸後期の哲学者たち
第4章 江戸前期の哲学者たち
第5章 中世期の主脈
第6章 古代期の主脈

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

マウンテンゴリラ

0
日本の哲学は、人生論・人間論を中心とした地に足のついた思想が中心であったことを教えられ、素直に納得することができた。特に江戸時代の伊藤仁斎、荻生徂徠、新井白石等の儒学者たちについては、今までほとんど興味を持ったこともなく、遠い昔の悪しき封建主義の擁護者程度にしか考えていなかったが、本書によって、認識を新たにさせられた。封建主義を悪とし、現代の民主主義を善とすること自体へ疑問を呈せざるを得ず、また、独立心を失い、お仕着せの平和主義、自由主義を何となく信じてきた現代日本人への反省を促された気がした。2013/02/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5589161
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。