続・群馬の逆襲―いまこそ言おう「群馬・アズ・ナンバーワン」

個数:

続・群馬の逆襲―いまこそ言おう「群馬・アズ・ナンバーワン」

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784905369462
  • NDC分類 291.33
  • Cコード C0336

内容説明

まだまだ群馬は「逆襲」が足りません!群馬にはこんなに日本一レベル、世界レベルがあるのにあまりにアピール不足なのです。前作をさらにスケールアップして土地のオモロイ話、魅力、底力を十二分に引き出します。笑って納得!群馬をもっとメジャーにする方法。

目次

第1章 驚きの歴史文化は宝の山!(歴史文化を誇るには;最強の恐竜王国 ほか)
第2章 なんとも豊かな食文化(これだけ食材に恵まれているのです;粉食王国館をつくろうよ ほか)
第3章 名所・風土…の底力(温泉を語らずして、なにが群馬か;四万温泉と中之条町の発信力 ほか)
第4章 群馬県人は「熱い!」のです(県民オーケストラがあるメリットって;「音楽のある街」へ仲間とともに ほか)

著者等紹介

木部克彦[キベカツヒコ]
1958年群馬県生まれ。新聞記者を経て、高崎市で出版業。「あさを社」編集主幹として、食・料理・葬祭・福祉などの分野で執筆。群馬県文化審議会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

M

1
著者の群馬愛がほとばしる一冊。手元に下仁田ねぎがある自宅で読むと「こんにゃくとねぎの力をみよ」とか共感できすぎる…笑 富岡製糸場が世界遺産に認定される前の本なので、群馬全体の多くの魅力に幅広く触れられているのも良。ちょっと旅行でも群馬に行かれる方は是非一読を。2015/12/26

SPICE

1
前作の後に続読。前作より更にパワーダウン…。食指が進まない感は否めない。なんか群馬県民として残念でした。割りきって内輪だけで楽しめる、盛り上がる話にすれば良かったのに。無理矢理に群馬県知名度を全国区にしなくても……。群馬県が東北地方だろうが、新潟県の北部だろうが、細かい事を突くのが食指を遠ざける。 逆襲と名付けた本意は解るが、「もっと目を向けて」 の意味合いが強い、そんな本です。 んな事書いても、自分はネイティブ群馬県民。他県民に焼きまんじゅうを馬鹿にされれば、宣戦布告とみなしますが(笑)2014/09/21

ちいちん

0
群馬の逆襲というぐらいだから、群馬の良さが書かれていると思いきや、 作者の料理自慢だったり、勝手な空想だったり。 ずっと作者の砕けたお喋りを聞いているようで、苦痛を感じた。 ギャグもきつい。2013/03/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5516105

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。