マリリン・モンローはなぜ神話となったのか―マッカーシズムと1950年代アメリカ映画

個数:

マリリン・モンローはなぜ神話となったのか―マッカーシズムと1950年代アメリカ映画

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 352,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784905369370
  • NDC分類 778.253
  • Cコード C0074

内容説明

マッカーシズム(赤狩り)が吹き荒れモンローが活躍した50年代という時代とハリウッド映画の関係をさぐる。50年代を中心にハリウッド映画約600本を紹介。

目次

第1章 マッカーシズムの始まり
第2章 マッカーシズムの展開
第3章 ハリウッドの解体と独立プロの勃興
第4章 体制内映画人の憂鬱
第5章 ランナウェイ方式とワイドスクリーン
第6章 スペクタクル史劇の意味
第7章 マッカーシズムの終焉
第8章 五〇年代エンターテインメント
最終章 ブラックリストからの復権とモンローの死

著者等紹介

福井次郎[フクイジロウ]
1955年青森県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。ユダヤ人と映画の関わりについて精力的に研究、映画を歴史と関連づけて論ずる独自のエクリチュールを確立し、多方面にわたって執筆活動を展開中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。