本に遇う<br> 酒と本があれば、人生何とかやっていける―本に遇う〈1〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

本に遇う
酒と本があれば、人生何とかやっていける―本に遇う〈1〉

  • 河谷 史夫【著】
  • 価格 ¥2,420(本体¥2,200)
  • 言視舎(2011/10発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 110pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月14日 01時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 323,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784905369158
  • NDC分類 019.04
  • Cコード C0095

内容説明

会員誌『選択』に十年以上にわたって書き継がれてきた本をめぐるエッセイを二冊本にまとめる。時代小説、ミステリー、伝記はもちろん詩集、マスコミ批判の本まで網羅し、その解くところ、出処進退、生老病死、性・愛、色と恋、人生の節目に生起するもの、つまり人生そのものに及ぶ。永らく刊行が待たれた書が、いま、ようやく陽の目を見る。

目次

2000年(「脱出」する女たち;男の中の男の話 ほか)
2001年(詩人記者の花;調査報道は稀なり ほか)
2002年(愛誦歌あれこれ;「9.11」以後 ほか)
2003年(肩書と新聞記者;ゆっくりと読もう ほか)
2004年(わかる、わからない;冬のソナタと君の名は ほか)
2005年(万世一系とは;本田靖春の死 ほか)

著者等紹介

河谷史夫[カワタニフミオ]
1945年生まれ。早稲田大学第一政治経済学部政治学科卒業。70年、朝日新聞に入り、社会部、社会部デスクを経て企画報道室編集委員、編集局特別編集委員、論説委員を歴任、2010年、退社。社会部時代は警察、教育、公費天国批判キャンペーン、農政などを担当。「幻の童謡詩人・金子みすゞの発見」を報じる。また、昭和天皇死去の前後、東京に広がった自粛の風景を連日「自粛の街を歩く」という詳細なルポにした取材班のデスク兼キャップ。92年から2年4カ月、コラム「きょう」を担当。94年4月から7年、書評委員を務め、2003年1月から5年、コラム「素粒子」を書いた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。