戊辰明治150年 会津人と長州人かく語りき

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 158p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784905055532
  • NDC分類 212.6
  • Cコード C0021

内容説明

会津長州関係は誤解の積み重ねで成り立った!?「和解」の前に「理解」を!会津、長州人はもとより、全国の日本人に知ってもらいたい、幕末維新期の数年間から始まり、そして現代までも続く、もつれてしまった歴史感情。

目次

第1部 会津と長州―諍いの焦点(鼎談 内憂外患で蝕まれた日本―「対立」から「理解」への重み;飯盛山;白虎隊記念館;唐樋地蔵堂)
第2部 会津と長州を結ぶ「点と線」(「会津の美学」の鎧を外して―会津と長州の「縁」に触れながら;明治・戊辰150年 長州会津の新たなる絆をつなぐ―祖先と先輩の遺志に殉じて)

著者等紹介

早川廣中[ハヤカワヒロナカ]
1935年生まれ。会津高校から中央大学を経て、早稲田大学大学院商学修士課程卒。千葉商科大学助教授、中央大学教授、共立女子短大非常勤講師、会津短大非常勤講師、会津若松市長を歴任。現在は一般財団法人白虎隊記念館理事長

山本貞壽[ヤマモトサダヒサ]
1939年生まれ。萩高校から鳥取大学医学部卒後、同大学院を修了。1987年、萩にて内科医院を開業し、現在に至る。「松陰神社崇敬会」会長、「長州と会津の友好を考える会」代表

笠井尚[カサイタカシ]
1952年生まれ。会津高校から法政大学文学部哲学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。