多様性社会の再生―被災地の現実 障がい者の働く現場

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 158p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784904827062
  • NDC分類 369
  • Cコード C1036

内容説明

3・11、東日本大震災。未曾有の大災害は、障がい者を一層「生きにくさ」へと追いやってしまった。彼ら彼女らは現地でどんな困難に直面し、何を必要としたか。独自の困難を抱えながらも、日々の暮らしを過ごす障がい者。皆で共に生き、共に働き、喜怒哀楽を分かち合う社会の実現を目指し奮闘する現場に迫った。

目次

インタビュー 辛淑玉―絶望ゆえに追いつめられている存在を見過ごさないで
被災地の現実―被災地は、いま…(忘れ去られた被災地の「障がい者たち」;避難所で孤立する障がい者を助ける!―JDF被災地障がい者支援センターふくしま;障がい者の命を救うため国は柔軟な対応を!―JDFみやぎ支援センター;無くなる、障がい者の居場所復興・支援は長期化を覚悟―全国自立生活センター協議会;障がい者の災害対策 行政任せにはできないコミュニティで共生の力を;避難所での身体機能低下をいかにして防ぐか?―日本理学療法士協会;自閉症児者が直面した困難から将来の災害に向けた教訓を学ぶ―日本自閉症協会)
障がい者の働く現場―障がい者との共生・共働の可能性(障がい者雇用の現実 働く障がい者を追い込む「競争原理」の職場環境;清瀬わかば会―地域に根ざし、開かれたコミュニティをめざして;ココ・ファーム・ワイナリー―今日もブリキカンの音がこだまする;ぴぐれっと―「今日の作業」は自分で決める!利用者の自己決定に寄り添う;ユニクロ―「障がい者との共働はあたりまえ」の理念で日本一の雇用率;大東コーポレートサービス―行政のサポートと工夫次第で特例子会社は成長する;日本理化学工業―すべての人が役に立って働ける共生社会の実現を;小ざさ―「待つこと」が人を育て共生の場所を醸成する;東京都立府中朝日特別支援学校―生徒一人ひとりに合わせた教育と就職支援)
エッセイ 菅孝行―東日本大震災・福島原発事故から日本人は何を学ぶべきか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

aopoo

0
震災と障害者。2011/08/02

みったん

0
東日本大震災で被災した障害者について。障害者の職場について。2011/09/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4045676

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。