セゾン文化財団の挑戦―誕生から堤清二の死まで

個数:

セゾン文化財団の挑戦―誕生から堤清二の死まで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月27日 20時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 289p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784904701454
  • NDC分類 706
  • Cコード C0030

目次

セゾン文化財団が誕生する
助成財団とは何なのか?
稽古場をつくろう
助成の専門度を深める
アーツマネジャーに研修の機会を
運営助成に取り組む
森下スタジオが開館する
評価について考える
大きな骨格が完成する
海外とのパートナーシップ事業が増える
新たな方向性を模索する
森下スタジオのフロンティアが拡がる
小さくてユニークなプログラムをつくる
創立二〇周年を迎える
公益財団法人に移行する
セゾン・フェローをスタートさせる
森下新館そしてヴィジティング・フェロー
ひとつの時代の終わり

著者等紹介

片山正夫[カタヤママサオ]
1958年兵庫県西宮市に生まれる。1981年一橋大学法学部卒業、(株)西武百貨店入社。1987年(財)セゾン文化財団に兼務出向。1989年同事務局長。1997年同理事(事務局長と兼任)。2003年同常務理事(事務局長と兼任)。2012年立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任教授。2016年同退任。主な役職等、(公財)公益法人協会理事、(公財)助成財団センター理事、(公社)企業メセナ協議会理事、(学)国立学園監事、東京都芸術文化評議会専門委員、アーツカウンシル東京カウンシルボード委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件