江藤淳の言い分

個数:

江藤淳の言い分

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年02月29日 21時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 384p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784904701447
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

江藤淳は、過去の人か。「戦後70年」というのなら、江藤淳こそもっとも思い出されてしかるべき人ではないのか。

目次

序 うつらうつらと見居候内に
1 そのひと
2 小林秀雄、埴谷雄高、大岡昇平と「転向」「変節」について
3 本多秋五、福田恒存、そして「無条件降伏」論争
4 「占領軍と検閲」、『一九四六年憲法―その拘束』の核心
5 文壇―その「自由」と「禁忌」そして、自死…

著者等紹介

斎藤禎[サイトウタダシ]
昭和18年(1943)満洲三江省に生れる。昭和42年(1967)早大一文卒、同年、文藝春秋入社。各誌編集長、常務取締役等を経て、平成19年(2007)日本経済新聞出版社に移り、代表取締役会長。平成24年(2012)同社を退く。早稲田スポーツOB倶楽部会長。公益財団法人国家基本問題研究所理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件