10歳から考える「好き」を強みにする生き方―人生を楽しむ仕事につくために

個数:

10歳から考える「好き」を強みにする生き方―人生を楽しむ仕事につくために

  • 提携先に8冊在庫がございます。(2024年02月29日 10時45分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 96p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784904188613
  • NDC分類 K366
  • Cコード C8030

内容説明

これから働き方が変わる!未来を生きる君たちへのメッセージ。シリーズ累計12万部突破!人気シリーズ第3弾!!我が道を究めた偉人たちの名言。

目次

第1章 仕事ってな~に?なんで働くの?(仕事の「意味」と「スタイル」は時代と共に変化している!;働き方―生きるために働く。食べるために働く。最もシンプルな仕事の考え方。 ほか)
第2章 好きなことを仕事にする第一歩は、「楽しい」を味わい尽くす!(やり抜く力―結果は気にしない。好きなことや興味があることを気が済むまでトコトンやってみる。;偉人たちは子供時代にこんなことにトコトン夢中になっていた! ほか)
第3章 好きなことを仕事にする第二歩は「諦めない力」をつける!(成長する力―「壁」は今の自分が乗り越えられないから「壁」。;言葉に惑わされない―「才能」の有無を言い訳にしない。 ほか)
第4章 「好き」が仕事になったとき…そこには新たな世界がある!(他人にはわからない領域―「地味で面倒なこと」の先に「新しい楽しさ」がある!;壁とは異なる難題―「楽しい」と「辛い」は紙一重。 ほか)

著者等紹介

宝槻泰伸[ホウツキヤスノブ]
探究学舎代表。東京都三鷹市生まれ。高校を中退。大検を経て京都大学経済学部に進学。大学卒業後すぐに起業し、30歳のときに「探究学舎」を設立。子供たちの探究心に火をつける興味開発型の教育を確立する。子供たちだけでなく保護者までも驚きと感動の渦に巻き込む授業を届けている。5児の父でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のんぴ

30
職業観の変遷(食料採取→世襲→所有を増やす→好きを仕事に)や、偉人の興味がどのように仕事に結びついていったかなどを紹介。10歳でこのような本に出会い、現代では仕事というものを柔軟に考えていいと言ってもらって少しは気が楽になるかなぁ。現実で想定される他の人と比べて感じる劣等感や、壁にぶつかった時の対処法などにも言及されているのも親切。2022/04/09

昼夜

15
テレビ朝日の番組の「博士ちゃん」に出てくる子たちを見てると顔がいきいきして輝いているのは親御さんの協力があるからだなと当人の意志も大事だけど周りの意識改革が必須だと思います。無理解から好きなことを悉く潰されたら何もできずに心まで病んでしまうので親子一緒に読んで好きなことをプレゼンするのを1セットにするといいと思います。2022/01/31

Ayakankoku

8
大人が読んでも非常に頷けることばかり。 生きるために働く時代から、仕事そのものを楽しむ時代に変わってきた現代。だからこそ、自分の好きと向き合いながら、人を幸せにすることが大切! 自分の好きなことは何?得意なことは何?それを模索した先に自分だから出来る働きがある。2022/09/26

Ayakankoku

7
授業でキャリアについて生徒たちと考えているので再読。継続する力、挑戦する力を生徒たちに身につけてほしい。2024/01/29

♡kana*

3
期待し過ぎたかな?2023/07/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17555251
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。