カル・チャペック戯曲集〈1〉ロボット/虫の生活より

個数:

カル・チャペック戯曲集〈1〉ロボット/虫の生活より

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 363p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784904153079
  • NDC分類 989.52
  • Cコード C0097

内容説明

科学技術の進歩って何なのだろう?90年前に「ロボット」という言葉を生んだ、チャペックの問いかけです。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

umechi

0
ロボットという造語が初めて登場したのはこれと知り、気になって読んでみた。もはやロボットが初めて登場したとは思えないほど、洗練されている感じがした。『R.U.R』が読みたくて読んだものの、『虫の生活より』の方がすきかも。戯曲ということもあって、シンプルに読みやすくそして内容も濃いという。風刺、皮肉がたっぷり詰まっていていい。舞台も観てみたい気がするけど、古くてしないだろうなあ。当時の舞台はそれこそ衝撃は凄かったろうなあ。どこかでやってくれないかなあ…2021/10/14

ばんぶー

0
ほとんど100年前に書かれたものとは思えない、適格な文明への批判になっていて、予言的とすら感じました。 青空文庫にも収録されていますが、翻訳はこちらの本の方が、現代的でいいと思います。 単なる風刺ではなくて、生命への讃歌であり、未来への希望も感じます。2019/06/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5696108

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。