バッチコイ! 百日紅の花に寄せて

個数:

バッチコイ! 百日紅の花に寄せて

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年02月26日 09時52分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 250p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784903974118
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0095

内容説明

昭和16年11月7日、太平洋戦争の始まる一ヶ月前に、吃りの信は生まれた。そして2歳で祖母とともに、祖母の里、千葉県の日向村に疎開、10歳の春まで疎開者として過ごす。そこには疎開者なら誰もが味わう孤独と疎外感。でもそれは当たり前、何でもなかった。どんな空でも空さえあれば何とかなる。昭和・疎開・敗戦・少年は弱く優しく生きる。日本現代小説。

著者等紹介

田母上尚久[タモガミタカヒサ]
映像&TV番組ディレクター、プロデューサー。1941年生まれ、東京都出身。早稲田大学高等学院中途退学後、桑沢デザイン研究所研修科ならびにシナリオ研究所・研修科において映像表現の基礎とシナリオ作法を学ぶ。1970年よりテレビ番組のシナリオライター、ディレクターとして独立、音楽番組を中心に活動、1982年に(株)黒澤エンタープライズ(黒澤フィルムスタジオ)にディレクターとして入社、その後、テレビの放送番組からビデオの世界に活動範囲を広げ、よりグラフィックな映像作品を制作する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。