ドビュッシーと歩くパリ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 135p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784903951614
  • NDC分類 762.35
  • Cコード C1073

内容説明

ドビュッシー演奏・校訂の第一人者がピアニストの視点からパリをガイド。写真とCDでたどるその人生と音楽。

目次

第1章 「雨の庭」ドビュッシーとパリ―サン・ジェルマン・アン・レからパリへ(フランスの音楽家ドビュッシー;ドビュッシーと私 ほか)
第2章 「風変わりなラヴィーヌ将軍」少年時代―パリ下町の歓楽街ピガール(クリシー界隈;シャトレ・レアール ほか)
第3章 「葉ずえを渡る鐘の音」青年時代―サン・ラザール駅界隈からモンソー公園周辺へ(上級階級のサロン;ロワールの古城 ほか)
第4章 「喜びの島」ドビュッシーの愛したパリ風景―ルーヴル美術館周辺・凱旋門・リュクサンブール公園(メトロもバスもカルネで乗る;ルーヴル美術館 ほか)
第5章 「雪の上の足跡」晩年―16区とブーローニュの森(高級住宅地16区の生活;アール・ヌーヴォー ほか)

著者等紹介

中井正子[ナカイマサコ]
東京藝術大学附属高校在学中、パリ国立高等音楽院に留学。ピアノ科を審査員全員一致の1等賞首席で卒業。第3課程(研究科)を経てジュネーヴ国際音楽コンクール第3位、ロン・ティボー国際音楽コンクールのフランス音楽特別賞ほかを受賞。パリ、リヨン、ワルシャワ等でのリサイタルのほか、国内でも都響、新日フィル、日フィル、東響等をはじめ多数のオーケストラと共演。そのほか日本人として初めてのドビュッシー全曲演奏会、ラヴェル全曲シリーズやショパン、シューマンのリサイタル・シリーズを開催し、高い評価を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。