選んだ理由。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 244p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784903908779
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

内容
職業、結婚、進学……
人生の岐路で、あなたはなぜ「そっち」を選んだのですか?
喫茶店店主、写真家、女子高生など、さまざまな職業の人に、何の予備情報もないまま出し抜けにインタビューをしていくことになった著者。
初対面の人たちに聞いた話を元に、私小説のように綴られるそれぞれの「選んだ理由」と、そこから見えてくるものとは?
どういう仕事に就くか、誰と一緒に生きるか、どこに生きるか、どう生きるか。誰もが、人生で幾度も選択を重ねていく。このインタビューシリーズを通して、「どれを選んだか」もさることながら、「なぜそれを選んだか」「どういう経緯でそれを選ぶことになったのか」が、人によってまったく違うことに気づかされたのだ。さらにいえば、「なぜ選んだか」という基準が、その先で「どうなっていったか」ということと、大きく韻を踏んでいる、とも思えた。――はじめにより
ミシマ社のウェブ雑誌「みんなのミシマガジン」連載時から話題沸騰の「石井ゆかりの闇鍋インタビュー」が、ついに書籍化!
厳選された7本に大幅に加筆を加えた、珠玉のエッセイが誕生。

著者情報
石井ゆかり(いしい・ゆかり)
ライター。著書『12星座シリーズ』(WAVE出版)が120万部のベストセラーとなる。他に、『愛する人に。』『「美人」の条件』(以上、幻冬舎)、『後ろ歩きにすすむ旅』(イースト・プレス)、『子どもの自分に会う魔法 大人になってから読む児童文学』(白泉社)など多数。

推薦
まず最初に読んでみてパッとうかんだのが「ズルイなぁ」でした。だっておもしろいんだもん(笑)。私たちの近くにころがっている“選択”を見つめなおすキッカケをくれる本でもあるのかな、と思いました。―― TSUTAYA一関中央店 佐藤彩香さん

目次
はじめに
1 「新鮮」さがそこにあるから。 ―畑さん@河原町・エレファントファクトリーコーヒー
2 「その人に会いたい」から。 ―篠原さん@烏丸御池・カフェジンタ
3 「自由な自分にしておきたい」から。 ―平村さん@株式会社はてな・京都オフィス
4 「これじゃない」から(言い放たれたから)。 ―吉田さん@川端丸太町・ミシマ社京都オフィス
5 「体験」の力。 ―赤井さん@梅田・カフェゆう
6 「知りたい」から。 ―仲野先生@京都駅・ホテルグランヴィア京都
7 この世の「秘密」。 ―中川さん@川端丸太町・ソース
番外編 世界平和のために。 ―阿藤さん@新宿・アフタヌーンティー・ティールーム
おわりに

内容説明

職業、結婚、進学…人生の岐路で、あなたはなぜ「そっち」を選んだのですか?「インタビュー、からの、私小説」のような一冊。

目次

1 「新鮮」さがそこにあるから。畑さん@河原町・エレファントファクトリーコーヒー
2 「その人に会いたい」から。篠原さん@烏丸御池・カフェジンタ
3 「自由な自分にしておきたい」から。平村さん@株式会社はてな・京都オフィス
4 「これじゃない」から(言い放たれたから)。吉田さん@川端丸太町・ミシマ社京都オフィス
5 「体験」の力。赤井さん@梅田・カフェゆう
6 「知りたい」から。仲野先生@京都駅・ホテルグランヴィア京都
7 この世の「秘密」。中川さん@川端丸太町・ソース
番外編 世界平和のために。阿藤さん@新宿・アフタヌーンティー・ティールーム

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

14番目の月

31
石井さんの「子どもの自分に出会う魔法」が良かったので手に取った本書でしたが、これはそれほど心に残るところがなかった。 下準備がないインタビューはやっぱり物足りない、もうちょっと突っ込んだ話が聞きたい。 2016/10/25

chips

25
ブックオフにて、占い本ではない石井さんの本があったので購入。この本は予め取材相手を知らされないまま対面し、石井さんがインタビューしていく「闇鍋インタビュー」。取材相手は種々雑多で面白い。カフェのマスター、合気道の先生、写真家、女子高生、大学教授、イラストレーター兼僧侶とか。今の場所に至るまで様々な選択をしてきた訳だけど、その理由もその人によって様々で、石井さんなりの捉え方で優しくまとめてあります。インタビューを行った場所として京都の簡略地図が載っていて、先日行った京都の街並みを思い出しながら楽しめました。2018/04/16

パフちゃん@かのん変更

21
星占いのライター石井ゆかりさん。「闇鍋インタビュー」とは相手のことを何も知らない真っ白な状態で会ってインタビューするのだ。人生は様々な岐路に立たされる。「選び方」「選んだわけ」人によってさまざまだ。占いの通りとは限らない。学校の先生を3年でやめて写真家になった吉田さんの話が面白い。と言うか、吉田さんの奥様はまさに神!「この仕事、ずっと続けるつもりなん?」「もちろん、続けるやん」「は!つまらん」二人とも学校の先生定年まであと30年暮らしていける。「じゃあ、やめよっか」「写真やれば。やってたやん」すごい奥様2022/07/02

ふっかー復活委員長

17
昨年の本ながら、もっと若い時分に出会いたかったと思わせる一冊。ビジネス本や就活本にはほとんど載っていないであろう、社会を生き抜くためのヒントが詰まっている。▼ちっぽけな人間が負けないために必要なこと。「自分を飽きさせない(飽きないからこそ商いは続く)」「裁かない」「罰しない」「NOを知る」「縛られる、ほどけるを受け入れる」▼初対面の人の内面を掘り下げていくという点で、読書会も【闇鍋インタビュー】だと言える。2017/11/07

ちぇしゃ

15
石井ゆかりさんの、星占い以外の本。予備知識なく取材したそれぞれの人が、「今」をどうして選び取っていったのかをインタビューしたエッセイ。日々の選択の中で、今を中心にして過去と未来があるのだけど、悩んで追い詰められるとどうしても気持ちが今から離れてしまいがち。このインタビューはそれぞれが今を前向きに受け止めた上で未来を見つめているのがとても印象的。何かを選び取ったたくさん重なりあう今までが今を作っている。日々の選択と未来につながる大事な今を選ぶ時、すこしゆっくりするために読む、暖かい飲み物のような読み物でした2017/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11088058

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。