連帯の挨拶―ローティと希望の思想

個数:

連帯の挨拶―ローティと希望の思想

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 250,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784903690759
  • NDC分類 133.9
  • Cコード C0036

内容説明

「好悪」と「公平」とは、どこがどうなっているのだろう?ローティ「政治」思想の内在的で、すくなからず独倉的な解釈を提示し、その思想の批判的継承をつうじて、現代の情況に一個の希望/思想を投げいれる。

目次

第1部 ローティとともに―ローティ「政治」思想の究明(「哲学」批判から「政治」へ―「政治」思想的転回へといたる道;ローティ「政治」思想への導入―「人権」論を読み解く;アイロニーと連帯による「正義」―ローティのリベラリズムを読み抜く)
第2部 ローティをこえて―ローティ「正義」論の批判的継承(「残酷さ」について;ローティの挑発と社会的連帯再考;「『身近な他者』への共感」の隘路―ケア倫理をめぐって;共感の再配置―「距離」をこえて)
結語にかえて―欲望という名の倫理

著者等紹介

安部彰[アベアキラ]
1975年生まれ、奈良市出身。立命館大学大学院先端総合学術研究科一貫制博士課程修了博士(学術、2008年)。現在、総合地球環境学研究所プロジェクト研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

3
ローティの人権把握は勉強になる。人権は文化、実践を通じて形成される社会的構築物で、他者への受苦への共感の強化と拡張をして達成(19ページ)。人権は憲法で保障されているとすぐ思うが、根本的にはどうか、という問いにヒントを与える本。人権は共同性の形成に関わる公的言語ゲームの対象(56ページ)。ゲームは勝負事だから反発を覚える。勝ち負けの問題ではないだろう。負けた方にこそ必要なのだから。勝者も社会の一員であるから厄介なのだ。評者はE.デュルケームの機械的連帯から有機的連帯へを想起した。あとがきの抱負は楽しみだ。2013/01/18

PP&AP

0
終章の「共感の再配置」を読んでやっと本書を読む価値あったかなと思った、というか結論があっけなかったね。てゆうか、もうちょっとあの2013/11/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3145678

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。