万人のための点字力入門―さわる文字から、さわる文化へ

個数:

万人のための点字力入門―さわる文字から、さわる文化へ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 209p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784903690612
  • NDC分類 378.18
  • Cコード C0036

内容説明

わずか6個の点の組み合わせで日本語の仮名はもちろん、数字、アルファベット、さらには音符まで表せる点字。ルイ・ブライユ生誕200年を記念し、“点字力”の広さと深さを万人に伝える入門書。点で創る新たな宇宙、点が拓く多様な生き方。

目次

第1部 ルイ・ブライユ―生誕200年の意味(ブライユが拓いた触覚の宇宙―22世紀につながる点字の未来を展望する;点字考案者の生涯 ほか)
第2部 点字が視覚障害者にもたらしたもの(米国における点字の歴史と今日的課題;コンピュータによる点字表現への挑戦―携帯での六点漢字8進数入力と体表点字出力 ほか)
第3部 点字教育の現場(盲学校における点字教育の過去・現在・未来;点訳ボランティアのこだわり―点訳者格付けの是非をめぐって ほか)
第4部 多文化共生社会の中の点字(言政学(Linguapolitics)からみた点字
少数言語としての手話、少数文字としての点字―多数派との共存のための戦略 ほか)
第5部 だれもが楽しめる点字(『点』『点字』そして『デザイン』;点から生まれる宇宙―点字アートの探求 ほか)

著者等紹介

広瀬浩二郎[ヒロセコウジロウ]
1967年生まれ。13歳の時に失明。筑波大学附属盲学校から京都大学に進学。2000年、同大学院にて文学博士号取得。専門は日本宗教史、障害者文化論。01年より国立民族学博物館に勤務。近年は「触文化」「フリーバリア」などをキーワードとしつつ、“さわる”ことをテーマとする講演、ワークショップを各地で行っている。現在、国立民族学博物館・准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。