介助現場の社会学―身体障害者の自立生活と介助者のリアリティ

個数:

介助現場の社会学―身体障害者の自立生活と介助者のリアリティ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 369p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784903690452
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C0036

内容説明

介助という実践のなかから、他者との距離感を計測すること、そして、できることなら、この社会の透明性を獲得すること…。「まるごとの経験」としての介助の只中で考え続けてきた、若き社会学者による待望の単著。

目次

序章 介助、その「まるごとの経験」
第1章 介助者のリアリティへ
第2章 パンツ一枚の攻防―介助現場における身体距離とセクシュアリティ
第3章 ルーティンを教わる
第4章 アチラとコチラのグラデーション
第5章 「慣れ」への道
第6章 出入りする/“介助者”になる
おわりに―「社会の介助性」にむけて

著者等紹介

前田拓也[マエダタクヤ]
1978年生まれ。関西学院大学大学院社会学研究科博士課程後期課程単位取得退学。現在、神戸学院大学人文学部講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sabato

4
筆者の長期にわたるフィールドワークと、深い視点で書かれた1冊。大先輩なのだが、年齢は1つ違い・・・すごすぎます。。また、そのフィールドも私の職場と深いつながりのあるところである。読んでいて、ものすごく絵が浮かぶ。社会学的また、論文としての作品でもあるので仕方ないとは思うが、現場の人が読むと「???」が浮かぶこと間違いなしw。でも、福祉系の院生はぜひ熟読を。私は・・・・勉強になった。つもりで、今はいる。。(メモ:pp19,20,49,51,142,223,233,253)2009/11/06

バーニング

1
おもしろかった。障害者介助の経験が多少なりともあるので、本書の切り口にリアリティがあるのも面白かった。パンツ一枚の攻防とか、ウンコへの慣れ?とか、介助経験者ならうんうんあるよねということの問い直しやとらえ直しの連続。2018/09/23

yocoutad

0
手がかりになる本2011/09/06

YASU

0
健常者が介助にかかわる(経験する)ことによって自らの健常者性を自覚する主体となる.そうした広がりの中に新たな社会を構想する.意味深い提起だと思う.2020/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/256251

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。