裁判員制度とは何か

個数:

裁判員制度とは何か

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 289p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784903690445
  • NDC分類 327.6
  • Cコード C0032

内容説明

裁判員制度の本質とは!?導入の真の狙いとは何か!この、失敗した構造改革と悪しきポピュリズムの思想に染まった欠陥制度と、どう向き合い、どう突き崩していくか、裁判員辞退・拒否の具体的方法にも踏み込んで、その大義を明かす、この時代必読の書。

目次

序章 「国民の司法参加」なのか
第1章 裁判員制度はなぜ導入されたのか
第2章 裁判員制度はわが国の刑事裁判にどのような影響を与えるか
第3章 裁判員制度はわれわれの社会に何をもたらすか
第4章 「国民の司法参加」はどうすれば可能か
終章 いまわれわれがなすべきこと

著者等紹介

岡島実[オカジマミノル]
1964年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。在学中にアフリカ・インドを放浪。帰国後反アパルトヘイト市民運動に関わる。1989年、民法の夫婦同姓の規定は違憲とする家事審判申立てを行った。1999年司法試験合格。2001年弁護士登録(沖縄弁護士会)。2003年第九法律事務所開設。琉球大学法文学部講師(刑事訴訟法)。2009年現在、日本弁護士連合会人権擁護委員、沖縄弁護士会高齢者・障害者権利擁護特別委員長、沖縄県福祉サービス運営適正化委員長。難聴の障害があり、障害者の人権活動に関わるほか、沖縄の環境、基地問題などに取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。