顔にあざのある女性たち―「問題経験の語り」の社会学

個数:
  • ポイントキャンペーン

顔にあざのある女性たち―「問題経験の語り」の社会学

  • 西倉 実季【著】
  • 価格 ¥3,300(本体¥3,000)
  • 生活書院(2009/07発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 150pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 378,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784903690414
  • NDC分類 361.4
  • Cコード C0036

内容説明

顔にあざのある女性たちはどのような苦しみを抱え、どのようにその只中を生きているのか!?彼女たちによって語られたライフストーリー=「問題経験の語り」に目を向け、その存在や苦しみを可視化し、「問題経験」の軽減の方途も探ろうとする、精緻な研究の成果。

目次

序章 顔にあざのある女性たちの苦しみを可視化する―「問題経験の語り」の社会学に向けて
第1章 異形がもたらす心理的・社会的困難―先行研究の検討
第2章 問題経験を聞き取る―ライフストーリー研究の方法論的視座
第3章 隠して生きるのはつらい―Aさんのライフストーリー
第4章 内面も人より劣っているのではないか―Bさんのライフストーリー
第5章 普通じゃないっていう意識は死ぬまで変わらない―Cさんのライフストーリー
第6章 異形を生きる―問題経験と対処法
第7章 異形は美醜の問題なのか―インタビュー調査過程の検討
終章 問題経験を軽減するために―社会的認知と対面的相互行為に注目して

著者等紹介

西倉実季[ニシクラミキ]
1976年山形県生まれ。お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程修了、博士(社会科学)。現在、東京大学大学院経済学研究科特任研究員。専門は、社会学、ライフストーリー研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

燈子

0
読んでからこれが博士論文を元にした本であったと気付く…そりゃ読み応えがあるはずだ。当事者による語りと同じくらいの紙幅を取られた先行研究の整理、ライフストーリーという手法についての部分は導入部なのだろうけど普段知らない分野でとても面白かった。インタビューと聞き手のやりとりの、ほんの少しでも掛け違えては相手を傷付けたりする繊細さ。当事者が語るってそんな簡単なことでは無いんだ。そして「美醜以前に普通/普通でない」という強烈な当事者の認識へと辿り着くまでの生々しい試行錯誤。2021/02/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/240548

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。