教員のための子ども虐待理解と対応―学校は日々のケアと予防の力を持っている

個数:

教員のための子ども虐待理解と対応―学校は日々のケアと予防の力を持っている

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 234p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784903690339
  • NDC分類 369.4
  • Cコード C0036

内容説明

学校は、虐待を発見し、虐待されている子どもを見守り、そして「日々のケア」と予防の機能を持っている!幼稚園、小学校、中学校から高校にいたる管理職を含む教職員が、子ども虐待について基本的な理解を深め、学校で遭遇する可能性のある虐待事例に対応するための必備の書。教員をめざす学生の教科書にも対応。

目次

第1部 子ども虐待をとらえる基本的視点
第2部 虐待対応の実際(虐待問題の学校危機管理;スクールカウンセラー・スクールソーシャルワーカーと子ども虐待;児童相談所からみた教育と福祉の連携)
第3部 ケアと予防の教育実践(児童養護施設の子どもを中心に捉えて;「いのちの教育」の視点から―子ども虐待と予防)
第4部 子どもの権利と子ども虐待の教育学(教育学の視点からみた子ども虐待問題;近代日本における子ども虐待と子どもの権利)
第5部 子ども・親・家族のさらなる理解のために(児童精神科と子ども虐待;非行問題としての虐待問題のあらわれ;虐待者・家族;生涯人間発達論からみる子ども虐待)
付録

著者紹介

岡本正子[オカモトマサコ]
1974年京都府立医科大学卒業。大阪市立小児保健センター、大阪府立精神医療センター・松心園、大阪府こころの健康総合センター、大阪府中央子ども家庭センターを経て、2003年9月から大阪教育大学教育学部教授。日本児童青年精神医学会評議員。日本子ども虐待防止学会評議員

二井仁美[ニイヒトミ]
1990年奈良女子大学大学院人間文化研究科博士課程単位取得退学。日本学術振興会特別研究員、大阪教育大学講師を経て、1995年より大阪教育大学准教授

森実[モリミノル]
1984年大阪大学大学院人間科学研究科後期課程単位取得退学。大阪教育大学講師、助教授を経て、2004年から大阪教育大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)