ひとり学習のすすめ 理論編―「過程による授業」から「場による授業」へ

個数:

ひとり学習のすすめ 理論編―「過程による授業」から「場による授業」へ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784903690124
  • NDC分類 375
  • Cコード C0037

内容説明

子どもが主体的に学ぶ場、1対1の援助的人間関係を保障する「ひとり学習」とは何か?教師が子どもの学習過程を指導目標に誘導するのではなく、子ども自身が自分で学習過程を構成できるように援助することで子どもたちはどんどん成長していく。子どもが本来もっている「学ぼうとする力」を信じて引き出す「ひとり学習」の理論の全体像を提示する。

目次

第1章 「ひとり学習」を高める学習訓練
第2章 学級崩壊を「教育再生」のチャンスに―その鍵は『場による授業』への転換
第3章 『場による授業』―公立学校現場からの一つの問題提起
第4章 『教育専門職』への道その1―私たちの歩みが教育の再生を可能にする
第5章 『教育専門職』への道その2
第6章 『精神的自己実現』の教育

著者等紹介

古賀一公[コガカズヒロ]
昭和6年福岡市生まれ。昭和29年福岡学芸大学卒業・同大学教育専攻科教育心理学科修了。福岡市公立小学校教諭として29年、福岡県教育センター研究主事として3年勤務。昭和61年54歳で退職。その後、福岡「ひとり学習」の会代表。現在、福岡「ひとり学習」授業理論研究所所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。