植物ウイルス―病原ウイルスの性状

個数:

植物ウイルス―病原ウイルスの性状

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月18日 12時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 287p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784903487472
  • NDC分類 615.82
  • Cコード C3545

内容説明

ウイルス学の世界的研究者による研究成果の集大成!日本在来のウイルスの大半を発見し、電子顕微鏡を用いて解析・分類してきた著者が、数百種のウイルスについて、ゲノム構造や伝染性、病徴などを詳述。多数の貴重な電顕写真も掲載した、ウイルス学に座右の事典。

目次

第1編 総論(植物ウイルス病;ウイルスの検診・同定;ウイルス粒子の性状;ウイルスの遺伝;ウイルスの感染・増殖と防除;ウイルスの分類)
第2編 病原ウイルス(2本鎖(逆転写)DNAウイルス
1本鎖DNAウイルス
2本鎖RNAウイルス
1本鎖RNAウイルス
未分類あるいは未詳ウイルス
ウイロイド(Viroid))

著者等紹介

山下修一[ヤマシタシュウイチ]
1970年、宮崎大学卒業。1975年、東京大学大学院博士課程(農学博士)。現在、東京大学大学院農学生命科学研究科准教授。農作物をふくめ各種有用植物を中心に、それらの病原についてひろく探求。菌類ウイルスについてはその黎明期から研究し、植物病原菌類として最初にイネいもち病菌ウイルスを発見したほか、食用きのこ、発酵菌などのウイルスについても究明。植物ウイルスに関しては、本邦産の3分の2以上を直接に電子顕微鏡で探究し、多数の新記載・未記載ウイルスを見出した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nozma

1
総論はオマケ。一般の植物病理の教科書より多少詳しい程度。 第II編に収録されているウイルスが膨大。数をこなすと写真が少なくなるのは仕方ないが、病徴写真が少ない印象(といっても冒頭に100枚程度の記載はあるが)。電験写真はかなり記載されているが無いものも多い。 これで勉強したり調べたりするというより目録的な一冊。ある程度専門的に扱うなら持っていても良いのかも。2013/11/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3317409

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。