騎士道百科図鑑

個数:

騎士道百科図鑑

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月23日 08時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4判/ページ数 304p/高さ 31cm
  • 商品コード 9784903487434
  • NDC分類 230.4
  • Cコード C0622

内容説明

リチャード獅子心王にサラディン、シャルルマーニュやエル・シド、エドワード黒太子にジャンヌ・ダルクなどなど、史実と伝説がないまぜになって歴史を彩った綺羅星のような人物群像。時代が動いて、現実の騎士はカノン砲や鉄砲のまえに主役の座をおりることになっても、歌謡や文学に、映画やゲームの世界に、いまなお生き続ける騎士たち。騎士になる訓練、騎乗する馬の飼育、剣や槍に鎧、身元を明かす紋章のシンボリズム、キリスト教信仰と暴力とのせめぎ合い、宮廷での身の処し方と恋愛作法、名だたる合戦の様を臨場感ゆたかに描き出し、“騎士”と“騎士道文化”をあますところなく紹介。

目次

第1部 騎士の登場(騎士の起源;騎士道理想;騎士の馬;芸術にみる騎士)
第2部 騎士の生活(騎士になる;騎士道;騎士の日常;城;よろいかぶと;武器;トーナメント;騎士と戦い;紋章;十字軍騎士団;アジアの騎士)
第3部 歴史にみる騎士(騎士のおこり;ノルマンの時代;十字軍;レコンキスタ;アルビジョワ十字軍;百年戦争;騎士道の衰退)
第4部 文化遺産(文学にみる騎士;映画とテレビ;戦争ゲーム;名誉称号を授ける騎士団)
第5部 レファレンス(歴史年表;参考文献一覧;用語解説;索引 ほか)

著者等紹介

ブシャード,コンスタンス・B.[ブシャード,コンスタンスB.][Bouchard,Constance Brittain]
シカゴ大学でPh.D.取得。現在、アメリカ合衆国オハイオ州、アクロン大学の中世史教授。グッゲンハイム財団奨学金受給者、アメリカ中世学会会員

堀越孝一[ホリコシコウイチ]
1933年、東京生まれ。1956年、東京大学文学部卒業、1966年、同大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学、専門はヨーロッパ中世史。茨城大学、学習院大学をはじめ、多くの大学で教鞭をとる。学習院大学名誉教授。日本大学文理学部大学院講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

葉っぱ

2
なんか翻訳と文のレイアウトの配置が好きになれなくて、写真ばっか見てました…。情報量は多い本だと思います。2012/07/26

銀獅子王の憂鬱

2
ものすごい文章と絵、写真のボリューム。文章は読みやすいとはいえないが、騎士の生活や装備、その振る舞いといったほとんどの要素も網羅している。パラ見するだけでも面白いかと・・2011/04/30

kotoriko

1
解りやすい文章、沢山の情報。美しい写真やイラスト。読みがいのある楽しい図鑑でした。作者さんの熱意が伝わってくる感じ。笑。図書館で借りたのですが、出来ればいつか手元におきたいです。2011/03/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2248586

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。