自他認識の思想史―日本ナショナリズムの生成と東アジア

個数:

自他認識の思想史―日本ナショナリズムの生成と東アジア

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年06月20日 06時36分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 198,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784903426174

内容説明

徳川日本において、どのように自己像が生起し、近世帝国的普遍性を切り裂くのか。また国境認識はどのようにして現れ、他者認識を生み出していくのか。グローバリゼーション下でむしろ高まりつつあるナショナリズムの源流を、東アジアへ視線を向けるなかから探り出し、近代の学術がそれをいかにして制度化していったのかを解明する。

目次

第1章 一八世紀の自他認識―宣長の「外部」
第2章 華夷思想の解体と自他認識の変容―一八世紀末期~一九世紀初頭期を中心に
第3章 一国思想史学の臨界点―帝国日本の形成と日本思想史の「発見」
第4章 国学への眼差しと伝統の「創造」―「想像の共同体」と国学運動
第5章 東アジアの近代と「翻訳」―近世帝国の解体と学術知
第6章 現代日本のナショナリズムと「教科書問題」
付論 東アジア人文学の可能性を求めて

著者等紹介

桂島宣弘[カツラジマノブヒロ]
1953年生まれ。立命館大学大学院文学研究科博士後期課程修了(文学博士)。現在、立命館大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

徳川日本において、どのように自己像が生起し、近世帝国的普遍性を切り裂くのか。また国境認識はどのようにして現れ、他者認識を生み出していくのか。グローバリゼーション下でむしろ高まりつつあるナショナリズムの源流を、東アジアへ視線を向けるなかから探り出し、近代の学術がそれをいかにして制度化していったのかを解明する。


はじめに
第一章 一八世紀の自他認識
      ――宣長の「外部」――
第二章 華夷思想の解体と自他認識の変容
――一八世紀末期~一九世紀初頭期を中心に
第三章