ためされた地方自治 - 原発の代理戦争にゆれた能登半島・珠洲市民の13年

個数:

ためされた地方自治 - 原発の代理戦争にゆれた能登半島・珠洲市民の13年

  • 山秋真
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 桂書房(2007/05発売)
  • ポイント 18pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 271p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784903351308
  • NDC分類 318.243
  • Cコード C0031

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おちム ✌(ꃪꄳꃪ) ちゃム

0
ルポ本なのだが、昔、能登に原発誘致の話があったなんて知らなかった。パッと開いたページにあった「輪島についたとき、時計の針はすでに午後11時をまわっていた」から始まり、能登の夜を万葉の漆黒の闇に例える文章が、探検感をそそって借りたのだった。能登の先端、珠洲市に原発誘致の話が持ち上がり、住民は真っ二つに分断され、93年の市長選では推進派が勝つものの、票数に不正疑惑が出て、最高裁まで揉めて、選挙無効判決が出たというのがすごい。並行して関電と清水建設による秘密裏の土地取得に絡んだ脱税事件の裁判傍聴記録が語られて、2016/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1514753

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。