私、舞台を降りない!―車いす女優萩生田千津子の世界

個数:
  • ポイントキャンペーン

私、舞台を降りない!―車いす女優萩生田千津子の世界

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月26日 09時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784903186979
  • NDC分類 772.1
  • Cコード C0095

内容説明

みんな一緒に生きている。助け合い、支え合うから元気になれる。だから、「明日」をあきらめない。

目次

第1幕 旅の途中―ひとり道ゆき、夢語り(私、舞台を降りない;冷たい風って暖かーい;心のなかの「のどか」を大切に;「ただいま」「お帰り」 ほか)
第2幕 心の風景―生きていてよかった(ちょっぴりの無理;鬼はァ内ィ!笑門来福;たおやかに、しなやかに、したたかに;「今、テレビから…」 ほか)

著者等紹介

萩生田千津子[ハギウダチズコ]
1947年、山形県上山市生まれ。68年、文学座付属演劇研究所(第7期生)卒業後、文学座入団。『ロミオとジュリエット』『飢餓海峡』『五番町夕霧楼』『おさい権三』『牡丹灯籠』などの舞台に杉村春子、北村和夫、太地喜和子らと出演、映画、テレビなどでも活躍。82年、不慮の交通事故で“一生寝たきり”を宣告されるが、83年、水上勉作・演出『越前竹人形』の語り手として、車いすでカムバックを果たす。以後、創作民話(語り芝居)・童話の語り物を中心に、自己体験・介護・子育ての講演など、改造車と車いすをフルに使って全国公演(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。