アメリカ動物診療記―プライマリー医療と動物倫理

個数:

アメリカ動物診療記―プライマリー医療と動物倫理

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月19日 15時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784903186658
  • NDC分類 649
  • Cコード C0076

内容説明

海を越えた動物のお医者さん、二十年に渡るアメリカでの軌跡。

目次

第1章 アメリカ動物生活事情(アニマルポリス;のら猫 ほか)
第2章 早期不妊去勢と安楽死の是非(Has she been fixed yet?;不妊去勢手術の迷信 ほか)
第3章 アメリカ動物診療事情(プライマリーと二次診療;早くて遅い診療時間 ほか)
第4章 アメリカで動物のお医者さんになる(日本の獣医師がアメリカで獣医師免許を取得するには;医療倫理 ほか)

著者等紹介

西山ゆう子[ニシヤマユウコ]
獣医師。1986年北海道大学獣医学部卒業。東京と北海道の動物病院に勤務後、米国カリフォルニア州ロサンゼルスに移住。米国獣医師免許取得。アイオワ州立獣医大学客員教授、Wilshire Animal Hospital、VCA Petville Animal Hospitalの勤務医を経て、Village Veterinary Hospital(カリフォルニア、ガーデナ市)を設立。同病院院長。プライマリーケア、ターミナルケアに力を入れた総合動物病院で、在ロサンゼルス日本人、日系人および、地域のアメリカ人からも定評を得ている。日米の獣医学教育問題、ペットの人口過剰問題、動物虐待および動物福祉、安楽死について、日本とアメリカの両国にて、数多くの講演会および、執筆活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

本当に動物のためになる医療がしたいと海を渡った女性獣医師が、米国の動物医療現場を克明に綴る。アニマルポリスの活躍、動物の人口過剰問題、臨床現場で共に働くスタッフの姿などを通して、日本の動物達の未来が見えてくる。


"第1章 アメリカ動物生活事情
 アニマルポリス
 のら猫
 続・のら猫
 ホームレス・アニマル
 奇跡を信じる人がつくる奇跡
第2章 早期不妊去勢と安楽死の是非
 Has she been fixed yet?
 不妊去勢手術の迷信
 早期不妊去勢手術
 最期を看取る
 安楽死と自然死
第3章 アメリカ動物診療事情
 プライマリーと二次診療
 早くて遅い診療時間
 アニマルテクニシャンの仕事
 オープン医療
 セカンド・オピニオン
 インフォームド・コンセント
 ドラッグに蝕まれたアメリカ
 批判をしない診療
 理想の動物病院
第4章 アメリカで動物のお医者さんになる
 日本の獣医師がアメリカで獣医師免許を取得するには
 医療倫理
 女性であるあなたへ
 パートタイム獣医師
 これからの日本の獣医師像"