薬師〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 307p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784903186344
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

知られていないハーブを世に出すこと、それが「ハーブ革命」。その仕掛け人、水元製薬の岩崎画一と田村健は、マレーシア・クアラルンプールを拠点に、新たなハーブの開発に取り組むことになった。現地に溶け込みながら、自分たちの道を切り開いていく二人。越中富山の薬売りの末裔として、その使命を果たすべく充実した日々を過ごす画一は、あるパーティーで、神秘的な瞳に情熱の光を秘めた、美しきアイリーン・ダスと出会う。東南アジア、アフリカ、そして日本を舞台に、熱帯マレーシアの気候のように熱い情熱を持ち、アフリカの大地のように自由奔放に生きる岩崎画一がたどる、衝撃の運命とは?凄絶な筆致で、人間のむきだしの「生」、欲望に突き動かされる「性」を描ききった、衝撃のデビュー作。

著者等紹介

樫野直春[カシノナオハル]
1960年新潟県生まれ、ランドスケープ・アーキテクト(造園家)。北海道大学農学部、花卉・造園学講座卒業後、東京の造園設計事務所を経て、1986年マレーシアに出向。その後独立し、現在クアラルンプールに在住、ランドスケープ・デザイン事務所を経営。『薬師』がデビュー作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。