Saying Goodbye―Dr.ゆう子の動物診療所

個数:

Saying Goodbye―Dr.ゆう子の動物診療所

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月06日 22時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 173p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784903186139
  • NDC分類 649
  • Cコード C0095

出版社内容情報

単身、アメリカに渡った女性獣医師が出会った、10通りの「さよなら」のかたち

動物たちに終末医療を考えること。それは、命を慈しみ、動物と共に生きることを尊ぶこと。1万部のベストセラー「小さな命を救いたい」から5年、著者が再び書き下ろした温かくも切実なメッセージ。

内容説明

愛する命との別れから、人と動物の真実を描いた10の物語。単身アメリカに渡った女性獣医師が出会ったさまざまな「さよならのかたち」。

目次

カサブランカ
庭師の日本語
男らしい犬の最期
トリシア
ふたつの命
3日間だけミッシー
公園への階段で
9歳のアイム・オーケー
たま
奇跡

著者等紹介

西山ゆう子[ニシヤマユウコ]
1986年北海道大学獣医学部卒業、獣医師。東京と北海道の動物病院に勤務後、米国カリフォルニア州ロサンゼルスに移住。米国獣医師免許取得。アイオワ州立獣医大学客員教授、Veterinary Center of America勤務医を経て、Village Veterinary Hospital(カリフォルニア、ガーディナ市)を設立。同病院院長。プライマリーケア、ターミナルケアを熱心に取り入れた総合動物病院で、在ロサンゼルス日本人、日系人はもとより、地域のアメリカ人からも定評を得ている。日本とアメリカの獣医臨床医療問題、および、ペットの人口過剰問題、動物虐待問題、動物福祉法および安楽死について、日本とアメリカの両国にて、数多く講演を行なっている。また全米規模の動物福祉団体、Best Friends Sanctuaryのノラ猫TNRクリニックチーム、Catnipperの主任獣医師として、定期的にノラ猫の不妊去勢手術プロジェクトを行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

spoonbill38

0
涙がぽろぽろこぼれる、心にじわっと滲みる短編集でした。2015/09/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/246158

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。