地方創生の切り札LBT―アフリカから学ぶまちづくり工法

個数:

地方創生の切り札LBT―アフリカから学ぶまちづくり工法

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 263p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784903175706
  • NDC分類 601
  • Cコード C0036

内容説明

あの“奇跡の村”長野県・下條村の秘密の一端もLBTにあった!地方が抱える問題の構図は、途上国と同じ。アフリカで開発プロジェクトに長年関わった著者が見つけた地方創生への処方箋。「住民参加型のインフラ整備手法」が、地方を救う!!

目次

第1章 「地方創生待ったなし!」―地方が抱える深刻な課題と現状(グローバル化時代における日本の立場と期待される役割;グローバル化とは何か ほか)
第2章 「LBT」とは何か?―アフリカのまちづくり工法を学ぶ(途上国の経済状況と課題;途上国のインフラの整備状況 ほか)
第3章 「LBTの実績」―アフリカで関わった技術支援(LBTの歴史をひもとく;LBTによるさまざまな支援 ほか)
第4章 「日本でも活用されるLBT」―“奇跡の村”の秘密もLBTにあり(日本におけるLBTに似た事例;「奇跡の村」下條村の挑戦 ほか)
第5章 「LBTによる地方創生」―実は身近に根付いていたLBT(江戸時代のコミュニティ開発(道や用水路)「普請」
箱根の開発は民間主導で進められた ほか)

著者等紹介

徳永達己[トクナガタツミ]
拓殖大学国際学部教授、博士(工学)、技術士(建設部門)。1961年、神奈川県生まれ。拓殖大学卒、東京海洋大学大学院修了。青年海外協力隊、(社)国際建設技術協会、(株)エイト日本技術開発を経て現職。専門は都市・交通等のインフラ開発計画。アフリカなど開発途上国において数多くの開発プロジェクトを担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。