しまりすの親方式高認文系学習室 - “読めばわかる”参考書!

個数:
  • ポイントキャンペーン

しまりすの親方式高認文系学習室 - “読めばわかる”参考書!

  • しまりすの親方
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 学びリンク(2015/12発売)
  • 学参・辞書ポイント3倍キャンペーン,【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 72pt
  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年04月07日 14時22分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 267p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784902776997
  • NDC分類 375
  • Cコード C7037

出版社内容情報

読んでわかる参考書『しまりすの親方式』に文系が登場。膨大な範囲を合格に絞ったポイントに整理。過去問を用いて丁寧に解説します。★高認界のカリスマ親方が伝授!
旧大検・高卒認定の第一人者である「しまりすの親方」。
これまでのシリーズ全3作は大好評の末、完売となり、
文系6科目として登場。
親方は全科目の教科書を隅々まで精読したうえ、徹底研究により本書を完成。
本書の持ち味「読んでわかる」はさらにパワーアップし、試験直前かけこみ対策としても重要な一冊です。

【たった1冊で文系6科目を制覇できる理由】
●受験科目数が多い方でも…
⇒たった1冊で合計6科目は「しまりす」だけ!
受験科目がたくさんある中で、どんな参考書を選べば良いのか?
高認参考書の中で6科目を1冊でまとめているのは「しまりす」だけ。
全科目を勉強する場合は、姉妹書『しまりすの親方式 高認理数系学習室』との2冊セットでOK!
●勉強のやり方がわからなくても…
⇒膨大な出題範囲から合格ライン“45点"にポイント整理!
「日本史」「世界史」などは覚える範囲が膨大。
いざ「勉強を始めよう! 」と思っても、どこから手を付けていいのやら。
本書は「最低限」の勉強すべき範囲が整理でき、無駄な勉強を省きます。
●時間がない方でも…
⇒直前2週間に読み通すだけ!
本書は過去問と解説を一緒に進めていくスタイルの参考書。
合格ラインに的を絞った「最低限の範囲」を提示しており、
「ここさえ押さえておけば大丈夫」という内容になっています。
試験直前で時間がない場合でも、1度しっかり読み通しておくだけで
本番に臨める参考書なのです。
<文系6科目>
英語、世界史A、日本史A、地理A、現代社会、国語

「しまりすの親方」流 合格活用法
<合格事例1>
「しまりすの親方」を2回‾3回通読
↓ ↓
文部科学省(HP)公表の過去問題で実力を図る
↓ ↓
どうしても不安な科目だけ科目別参考書を購入して勉強

<合格事例2>
高認に関する知識がまったくない
↓ ↓
丁寧な解説で試験までのスケジュールを整理
↓ ↓
選択科目を賢く決定(効率的な科目選択の仕方については、本書に書かれています)
↓ ↓
必要な科目だけをしっかり通読

<合格事例3>
試験直前なのに、まったく勉強していない!
↓ ↓
「しまりすの親方」をしっかり通読
↓ ↓
必要なところを暗記(暗記する部分や方法は本書に書かれています)

【出版社からのコメント】
情報の少ない高認受験生に向けて、出願の手順や受験までのスケジュール、
インターネットカフェの利用法まで、親方の愛情あふれる、優しく丁寧なつくりになっています。
難しい問題は捨てて、合格ラインに的を絞った効率よい参考書として好評の本作。
事前の受験準備はもちろん、試験直前の対応策としても光る一冊です。

[本文訂正とお詫びについて]
第二刷より、本文訂正とお詫びを記載したものを入れております。
また弊社ホームページにおいても同じものを掲載しておりますので、
お手数をお掛け致しますが、ご確認いただければ幸いです。

「はじめの言葉」に代えて
?身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ?
1.「英語」
……英語は富士山に登るようなもの。一歩ずつあせらず登りなさい
2.「世界史A」
……世界史Aは15個のポケットからなっている。問題として聞かれた事件、自分などがどのポケットから出てきたものかがわかれば、世界史は80点以上とることができる。
3.「日本史A」
……日本史Aの年号はごろ合わせで覚えよ
4.「地理A」
……サルでも合格する高認地理
5.現代社会
……現代社会の勉強に4日以上かけると、高認に落ちるゾ
6.「国語」
……不合理な表現を含む選択肢は×だ

あとがき

しまりすの親方[シマリスノオヤカタ]
著・文・その他