東京へ この国へ リハの風を!―初台リハビリテーション病院からの発信

個数:
  • ポイントキャンペーン

東京へ この国へ リハの風を!―初台リハビリテーション病院からの発信

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784902470222
  • NDC分類 498.16
  • Cコード C0047

内容説明

ケアする人ケアされる人。そして、リハスタッフの未来のために。

目次

第1章 高知から東京へ―初台リハビリテーション病院ができるまで
第2章 もう一度お寿司を握りたい…ある患者の入院記録―初台リハ病院四階・回復期リハ病棟の実践
第3章 初台リハ病院からの発信!―回復期リハ病棟の現状と課題について
第4章 在宅生活のリハビリテーションを広げるために―リハ・ケアセンター、訪問リハの取り組みを通して
第5章 治癒しなくても、障害があっても生きていける社会を―「初台リハ病院の挑戦」を考える

著者等紹介

土本亜理子[ツチモトアリコ]
ノンフィクション・ライター。1957年東京生まれ。出版社勤務、雑誌記者を経てフリーに。医療や福祉の担い手と、患者や家族ら受け手、双方の橋渡しをテーマに活動中。地域で在宅介護にも携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。