やまんば―女優市原悦子43人と語る

個数:

やまんば―女優市原悦子43人と語る

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年06月24日 19時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 479,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784393436448
  • NDC分類 770.4
  • Cコード C0095

目次

役にあやかる、ひざまずく―恩地日出夫さんと
旅立ち―岩上廣志先生と
俳優座の舞台―中村美代子さんと
劇中歌の魅力―林光さんと
スタッフはいつも「守り神」―田村悳さんと
「まんが日本昔ばなし」―中田実紀雄さんと
オンエア、それは心の交流―佐藤園子さんと
「おばあさんになっても撮ってくださいね」―駒澤〓(たん)道さんと
ハガキ一枚の劇評、テレビ文化のこれから―越智武彦さんと
「赤い殺意」と命がけのロケ―大下晴義さん、堀貞雄さん、西川芳男さんと〔ほか〕

著者等紹介

市原悦子[イチハラエツコ]
女優。千葉市に生まれる。1957年、劇団俳優座に入団。1971年、俳優座を退団し、翌年に塩見事務所を設立。1987年、ワンダー・プロを新たに設立し、現在に至る。また童話や詩集の朗読会を各地で開催している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

女優市原悦子と、監督、演出家など芝居に関わりある人々との興趣尽きない対談が満載。日本の芸道の光と影、その魅力とは。

【著者紹介】
女優。千葉市に生まれる。1957年、劇団俳優座に入団。1971年、俳優座を退団し、翌年に塩見事務所を設立。1987年、ワンダー・プロを新たに設立し、現在に至る。その間、「千鳥」「セチュアンの善人」「三文オペラ」「ハムレット」「アンドロマック」「トロイアの女」「近松心中物語」「その男ゾルバ」「雪やこんこん」「ディア・ライアー」「怪しき村の旅人」「メガロピンクワールド」「ゆらゆら」など、多数の舞台に出演、話題をさらう。日本を代表する舞台女優。また映画「黒い雨」「わらびのこう 蕨野行」、テレビ「まんが日本昔ばなし」「家政婦は見た!」など、映像の世界でも活躍、また童話や詩集の朗読会を各地で開催し、老若男女を問わず幅広いファン層から支持を得る。写真集として、『現と遊び(駒澤晃写真集)』(大阪書籍)、『つづれ織り』『変化自在(駒澤?道写真集)』(春秋社)、『市原悦子の大アマゾン紀行』(フジテレビ出版)、著書に『ひとりごと』(春秋社)など。