省察的実践者の教育―プロフェッショナル・スクールの実践と理論

個数:

省察的実践者の教育―プロフェッショナル・スクールの実践と理論

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年09月24日 04時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 534p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784902455373
  • Cコード C3037

目次

第1部 芸術的なわざを育てる専門職教育の必要性を理解する(実践の多様な要請に対処する力を専門職として培うために;“行為の中の省察”を通して専門職の芸術的なわざを育てる)
第2部 “行為の中の省察”の教育モデルとしての建築スタジオ(“行為の中の省察”としてのデザイン・プロセス;デザイン学習における逆説と苦境;コーチと学生との間で交わされる対話;教示と学習のプロセスはどのように悪い方向に進んでいくのか;専門職の力量形成のために“省察的実習”を用いる)
第3部 “省察的実習”の進め方―いくつかの事例と実験(音楽演奏のマスタークラス;精神分析の実践における芸術的なわざを学ぶ;カウンセリングとコンサルティング・スキルの“省察的実習”)
第4部 “省察的実習”は専門職教育の改革にどのような意味を持つのか(“省察的実習”は大学の世界と実践の世界をどう架橋するのか;カリキュラム改革の実験)

著者紹介

ショーン,ドナルド・A.[ショーン,ドナルドA.] [Sch¨on,Donald A.]
1930‐1997。マサチューセッツ工科大学(MIT)のフォード基金教授。専門は都市研究と教育である。イェール大学において哲学の学士号(1951年)を取得、ハーバード大学より哲学の修士号(1953年)および博士号(1955年)を取得する。またソルボンヌ大学に留学し、パリ国立高等音楽院より資格認証を受けている。研究者とコンサルタントとしての仕事を通して、組織学習と専門職の効力に焦点を当ててきた。マサチューセッツ工科大学のスタッフとなる以前の七年間、自身が設立に関わった非営利組織である社会的技術的イノベーション機構(OSTI)の統括者であり、数多くの公的組織や私企業の管理やコンサルテーションに携わってきた

柳沢昌一[ヤナギサワショウイチ]
1958年生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。福井大学大学院教育学研究科教職開発専攻(教職大学院)専攻長。専門は、社会教育実践研究・学習過程研究・組織学習研究

村田晶子[ムラタアキコ]
1956年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。早稲田大学文学学術院教授。専門は、社会教育実践研究・女性問題学習研究・教育とジェンダー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)