緩和ケア・がん看護 臨床評価ツール大全

個数:

緩和ケア・がん看護 臨床評価ツール大全

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月24日 14時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 395p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784902249989
  • Cコード C3047

内容説明

それぞれの症状に基づいて適切な治療・ケアを行い、それを評価する。「見えないものを、どう測るか」を達成するための身体・精神症状、QOL、家族ケア、在宅ケアなどの評価尺度・臨床ツールを網羅。

目次

1 身体症状の評価とツール
2 精神症状の評価とツール
3 心理・社会・スピリチュアルケアの評価とツール
4 QOL/ケアの質評価とツール
5 家族・介護者のケアの評価とツール
6 医療者のケア態度・困難感・満足度の評価とツール
7 地域連携・在宅ケアの評価とツール
8 患者・家族のための臨床ツール

著者等紹介

宮下光令[ミヤシタミツノリ]
東北大学大学院医学系研究科保健学専攻緩和ケア看護学分野教授。1994年3月東京大学医学部保健学科卒業。看護師として臨床を経験後、東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻助手・講師を経て2009年10月より現職。2017年10月~2018年3月King’s College London,Florence Nightingale Faculty of Nursing,Midwifery&Palliative Care,Cicely Saunders Institute Visiting Senior Research Associate(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。