刑務所処遇の社会学―認知行動療法・新自由主義的規律・統治性

個数:
  • ポイントキャンペーン

刑務所処遇の社会学―認知行動療法・新自由主義的規律・統治性

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 399p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784902163834
  • NDC分類 326.53
  • Cコード C3036

内容説明

進行しているのは厳罰化だけなのか?認知行動療法に基づく薬物犯罪者処遇がもたらす「解放性」と「困難性」のジレンマ。フーコーの統治性論と社会学的フィールドワークを駆使しながら、刑務所における薬物犯罪者処遇を批判的に考察する。

目次

序章 認知行動療法・新自由主義的規律・統治性
第1章 新自由主義的規律としての認知行動療法
第2章 政策レベルのCCBTD―内面化戦略への反操行
補章 フィールドと調査の概要
第3章 実践レベルのCCBTD―“交渉”モードへの反操行
第4章 犯罪と病気の二重化―「犯罪者/病人」役割の構造
第5章 「社会的なもの」の自己コントロール
第6章 「犯罪者/病人」役割への“収斂”?
第7章 「解放性」ゆえの“収斂”、“収斂”ゆえの「困難性」―CCBTDと過食型エンパワメント
終章 「社会的なもの」の自己コントロールから、自己コントロールの「社会化」へ

著者等紹介

平井秀幸[ヒライヒデユキ]
1978年生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。博士(教育学)。日本学術振興会特別研究員(PD)、東京大学大学院教育学研究科教育学研究員、Carleton大学博士研究員、四天王寺大学人文社会学部講師等を経て、2014年より四天王寺大学人文社会学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。