ハンセン病家族たちの物語

個数:

ハンセン病家族たちの物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月22日 09時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 434p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784902163803
  • NDC分類 498.6
  • Cコード C0036

内容説明

家族/人間関係を社会に奪われてきた、ハンセン病にかかった肉親をもつひとたち―苦しみを超えて、つながりを編み直す家族たちの語りが、ここにある。12の人生物語(ライフストーリー)。

目次

娘/妹の語り(よみがえった記憶;園を脱走してわたしを産んでくれた;父を嫌った自分が辛かった;父親にもっとやさしくしてあげたかった;絶対に、こっちから動くもんかと;病気じゃないのに療養所へ)
息子/弟の語り(「癩者の息子」として最初の名乗りをあげる;遺族訴訟の先頭に立って;患者家族ゆえに高校退学を迫られて;肉親を知らずに育つ;和光園生まれを隠さずに生きる;学業中断と結婚差別の悲しみ)

著者等紹介

黒坂愛衣[クロサカアイ]
1977年生まれ。埼玉大学大学院文化科学研究科博士後期課程修了、博士(学術)。東北学院大学経済学部准教授。「黙して語らぬひとが語り始めるとき―ハンセン病問題聞き取りから」(『解放社会学研究』第26号)で2011年度日本解放社会学会大会「優秀報告賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

CBF

1
(★★★★☆) 人間関係を社会に奪われてきた、ハンセン病にかかった肉親をもつひとたち。苦しみを超えて、つながりを編み直す家族たちの、12の人生物語ー。ちょうど先日、家族訴訟に対して国が控訴をやめて謝罪したニュースがあり、タイムリーな一冊だった。これを読むと、家族も"当事者"だということがよく分かる。 『こういう親父をもったおかげで、いろんなひとに出逢い、いろんなことを考える。ほんとに、父ありてこそ、と思います。こういう父の子に生まれて、はじめて、ようやくここまで来たなぁと。ありがたいことだと思います。』2019/07/31

梅園

0
凄まじかった。これは確かに、国による謝罪と補償と名誉回復が絶対必要。2019/07/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9790552
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。