近代日本の「手芸」とジェンダー

個数:

近代日本の「手芸」とジェンダー

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年06月06日 02時25分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • サイズ A5判/ページ数 377p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784902163223
  • NDC分類 594
  • Cコード C3077

内容説明

本書は、近代における女性の創造力と労働の国家的統治という視点から、手芸という誰もが知っており、しかも誰もが見過ごしてきた「女の手仕事」を初めて浮き彫りにした画期的な手芸論である。

目次

第1章 下田歌子の社会構想と手芸論(下田歌子の社会構想;下田歌子の手芸論;下田歌子の手芸論の位置づけ ほか)
第2章 皇后の養蚕(「皇后の養蚕」の創出;蚕糸業と皇后;読み替えられる「皇后親蚕」のディスクール ほか)
第3章 近代日本における手芸(近代日本における「手芸」概念;「手芸」テキストにおけるディスクール;「手芸」の奨励システム)

著者等紹介

山崎明子[ヤマサキアキコ]
1967年、京都府に生まれる。千葉大学社会文化科学研究科博士課程修了。博士(文学)。千葉大学非常勤講師、港区立男女平等参画センター非常勤専門員。専攻は、日本近代美術史、ジェンダー論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。